仙台の名物、支倉焼
支倉焼き
支倉焼(はせくらやき)
Home > 仙台の名物
(有)ふじや千舟
仙台市青葉区中央4丁目7-18

原材料:小麦粉、砂糖、バター、ショートニング、卵、白飴、水飴、くるみ、バニラ

賞味期限:約10日
支倉焼 (仙台)

 支倉焼(はせくらやき)は知らない人も多いと思うが、仙台では有名なお菓子(お土産)である。でも何故か忘れ去られている時もある、そんなお菓子なのだ。(営業力が弱いせいか、あまり見かけない)

 「支倉焼」の支倉は、焼き方のことをいうのではなく、伊達政宗の命でローマに渡った支倉常長に由来するもの。由来すると言っても、(このメーカーが)関係しているものでもないらしいが‥。


 食べる前に匂いをかいでみると、うにゃ、クッキーの香りがする。一口かじり中を見ると、透き通ったような白あんがギッシリ。食べてみると、白あんとクッキーが溶け合うような、しっとりとした食感で、結構甘いが上品な味わい。噛むと時々感じるクルミの歯ごたえが、アクセントなのである。とてもやわらかい様子で、強いショックを与えるとグチャッとつぶれそうな、そんな繊細なお菓子でもある。強いて分類すると、高級洋菓子だと思うね。

 私は好きであるが、アチコチで売られていないのだよね。だいたい仙台の中心部でしか売っていないので、車だと買いづらい。

メモ)
 実は、どうしても食べたくなり、愛子にある「ふじや千舟」本社工場へおじゃましました。行ってみると、裏通りのキチキチの狭い住宅街に静かにあり、イメージと違っていて、一瞬たじろぎました。玄関にある小さな受付には、結婚式の引き菓子用のでっかい支倉焼も展示されてあり、へぇーと思ったものです。もちろん、普通のを一箱、買って帰りましたとさ。
©名物に旨いものあり 2004-13