名物に旨いものあり

支倉焼(はせくらやき) を実食
支倉焼き
支倉焼(はせくらやき)
Home > 仙台の名物
/ クチコミ
(有)ふじや千舟
仙台市青葉区中央4丁目7-18

原材料:小麦粉、砂糖、バター、ショートニング、卵、白飴、水飴、くるみ、バニラ

賞味期限:約10日

支倉焼

(仙台)

 全国的に「支倉焼」はあまり知られていない品ではあるが、仙台では有名なお菓子(お土産)なのである。が、仙台人でもいつしか忘れ去ってしまったりする、そんなお菓子でもあるような。‥そんな時(いやお土産の時期になると)テレビCMを使って思い出させてくれるんだよね~。

 この「支倉焼」の支倉は、焼き方のことをいうのではなく、伊達政宗の命でローマに渡った支倉常長に由来するもの。由来すると言っても、このメーカーが関係しているものでもないらしいが‥。


 食べる前に匂いをかいでみると、うにゃ、クッキーの香りがするね。一口かじり中を見ると、透き通ったような白あんがギッシリ。ムシャムシャ食べてみれば、白あんとクッキーが溶け合うような、しっとりとした食感で、結構甘いが上品な味わい。噛むと時々感じるクルミの歯ごたえが、アクセントになっているのである。とてもやわらかい構造物で、強いショックを与えるとグチャッとつぶれそうな、とっても繊細なお菓子でもある。強いて分類すると、高級洋菓子だと思うね。

 私は好きであるが、アチコチで売られていないのが残念(営業力が小さいのか?)。だいたい仙台の中心部でしか売っていないので、車だと買いづらい。

メモ)
 どうしても食べたくなり、仙台の愛子にある「ふじや千舟」本社工場へおじゃま。と、そこは裏通りのキチキチの狭い住宅街の静かなところ。ゆったり敷地の工場のイメージとは違っていて、一瞬たじろぎ‥。玄関にある小さな受付には、結婚式の引き菓子用のでっかい支倉焼が展示されてあり、へぇー。もちろん、普通のを一箱、買って帰りましたけどね。
©名物に旨いものあり 2004-17rw
投稿へ

支倉焼き(宮城)




コメント

クッキー生地で白あん包む 和洋織りなす定番の味、名前に託す

 1958年の誕生から手作りを守り続け、来年で60年を迎える仙台土産の定番のお菓子だ。

 クルミ入りの白あんをクッキー生地で包み、焼き上げる。生地に上質なバターをたっぷり使い、さっくりとした食感になる。

 和洋織りなす菓子として、日本とスペインをつないだ仙台藩士、支倉常長から名前を取った。たちまち評判となり、誕生から5年後には店の商品を支倉焼のみに絞ったという。

 「なんといっても職人が宝です」と社長の佐藤明子さん(63)。仙台市青葉区愛子東の本社工場では約40人の職人が、手のひらをろくろのように使ってあんを生地に包み込み、木型で形を整える。多い日で2万個以上を作り上げる。

 「安全安心な原材料で手作りし、いつまでもこの味を残していきたい」。変わらぬ誠実さで、県民の味として愛されている。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201711/20171123_12039.html

(投稿者 匿名 さん / 2017年11月25日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。