秋田の名物、ハタハタずし
ハタハタ
ハタハタずし
Home > 秋田の名物
秋田県漁業協同組合
秋田県秋田市土崎港西一丁目5-11

名称:はたはた一匹ずし(500g樽入)
品名:飯ずし
原材料:ハタハタ、米、ニンジン、ショウガ、海草、塩、砂糖、醸造酢、調味料
ハタハタずし (秋田)

 「秋田名物 八森ハタハタ 男鹿で男鹿ブリコ~♪」。秋田では昔、大衆魚で腐るほど獲れたが、乱獲や気候のせい等で、近年獲れなくなり漁業規制を行っている(2003年現在)。その成果もあり、最近は少しずつ増えてきているそうだ。

 ハタハタの卵はブリコと言って、海が大荒れになると大量に浜に打ち上げられるが、資源保護のため卵を海に返す。このブリコも地元では、よく食べられる食材でもある。

 ハタハタは北海道から日本海沿岸に生息。なかでも男鹿半島沿岸に11月~12月にかけて、産卵のためにやってくるハタハタが絶品とされる。夜行性でウロコが無く、砂に潜るので外国ではサンドフィッシュと呼ばれている。


 「ハタハタずし、を食べてみた」
 これは、ハタハタを酢でしめ、米をまぶし、海草なども入れた寿司なのだ。食べてみると酢の香りがプーンと漂い、なんと言うか独特の味わいで旨い。毎年冬になると食べているが、やはり、やめられない季節の味である。

 また、一匹ずしはハタハタの頭と内臓を取っているだけで、胴体からシッポまでそろっている。食べた食感では骨が感じられないのだが、よく見ると骨もちゃんと付いていた。そのままではチョットと思う人は、火にあぶってから食べるとよい。

メモ)
 ハタハタ漁は、1992年からの3年間の自主禁漁(秋田県のみ)の後、徐々に規制が緩和され、2009年現在、漁獲量はかなり回復している。でもその裏腹に魚が安くなり、漁師さんは辛いのだそうな。
 ハタハタ寿司は八峰町の家庭で12月になるとよく漬けられ、100キロ以上漬ける家も珍しくないという。
©名物に旨いものあり 2003-13