広島の名物、八天堂くりーむパン
八天堂くりーむパン
八天堂くりーむパン
Home > 広島の名物
八天堂
広島県三原市三浦3丁目31-6

品名:くりーむパン・カスタード
(抹茶・生クリーム・小倉・チョコ)
名称:菓子パン
原材料:牛乳、小麦粉、卵、生クリーム(乳製品)、砂糖、マーガリン、コーンスターチ、はちみつ、イースト、脱脂粉乳、食塩、トレハロース、グリシン、酵素

消費期限:翌日午後2時
保存方法:要冷蔵10℃以下

おいしい食べ方:冷蔵庫で 5~10℃ に冷やしたものを10分程常温に戻すと、よりしっとり感が増し、おいしく食べられるそうな!

八天堂くりーむパン

(広島)

 創業77年を迎える広島県三原市のパン製造会社・八天堂のパンが旨いらしい、‥というような記事を2~3年前に見た。

 そして、情報も物流も格段に発展した今、このパンがネットを介して売られるようになり、そしてまた地方の物産展までやって来たのである。‥おや、このパンのことを、どこでどうして知ったのか、見事なまでの長い行列、脱帽。


 だいたいカスタード・クリームパンがスタンダードのようであるが、とりあえず全ての種類(5種)を買ってみた。

 まずはカスタード・クリームパンを手に取ってみると、パンは少し小さめで(大判焼きくらい)、手にくっ付くように湿っている。パン生地の皮が薄く、中のクリームが主体で、全体がとろけるように柔らかいのである。匂いをかいでみると、安心の優しいパンの香り。一口食べてみれば、しっとりパンにカスタードクリームの風味だね。

 うーん、これはパンのようでパンではない。シュークリームのパン・バージョンみたいな風合いかな。他の種類もそれぞれ、そのクリームの特徴を発揮している。‥生キャラメルに堂島ロール、この最近の生クリーム・ブームに乗っている感じがあるね。
©名物に旨いものあり 2011-14