山形の名物、お雛菓子
おひな菓子
お雛菓子
Home > 山形の名物
/ クチコミ
株式会社マルハチ
山形県東田川郡庄内町廿六木字五反田75-1

内容:お雛菓子
主原料:あん、砂糖、マルチトール、オリゴ糖、白玉粉、寒天、着色料(コチニール、クチナシ)

内容量:3種入(鯛、桃、桜)
箱サイズ:11cm×11cm×4.5cm
賞味期限:14日間
保存方法:常温

おひな菓子

(山形)

 かつて「西の堺、東の酒田」と称されるほど賑わったといわれる山形の酒田。当時、おひな様はその豪商によって競うように豪華に飾られ、そこへお供えするお菓子は江戸と京の文化が融合された豪奢(ごうしゃ)な品になっていったと‥。その風習は一般化されて今でも引き継がれ、毎年ひな祭りの時期になると、鮮やかな生菓子が酒田のスーパーなどの店頭に並べられ、多くの地元民に楽しまれているもの。

 ちなみに酒田のひな菓子は、餡の入った「練りきり」と言われる生和菓子が主で、今回頂くものはその「鯛・桃・桜花」の3つ。ちなみに地元ではもっと数多くの種類が作られているんだけどね~。


 実物は画像で見るより予想外に小さな箱(11cm四方)。「鯛・桃・桜花」の「練りきり」が実に鮮やかで美しく、またおいしそうなのである。切ってみると、どれも生地は白で中心にこし餡が入り、匂いなどは無く、しっとりした感触。で、うやうやしく食べてみると、おう、これはまさしく生菓子、まあまあ甘い。んー、味的レベルは普通なような~。

 これは食べる価値より、見る価値あり。テーブルの中心に飾る「花」のようなものじゃと。たしかに外観の出来に全神経を集中させないと、これだけの物はできませぬな~。しばし待て、食べずに飾っておきたい、お雛菓子。

メモ)
 庄内地方の「ひな菓子作り」は、2月末~旧暦の桃の節句(4月3日)頃まで行われているそうな。
©名物に旨いものあり 2012-17rw