名物に旨いものあり

ひつまぶし を実食
ひつまぶし
抹茶ひつまぶし
Home > 愛知の名物
/ クチコミ
(株)だるま 名古屋支社
愛知県名古屋市中村区井深町1-1

品名:日本一弁当
原材料:味ご飯(うるち米、もち米、たれ)、刻みうなぎ(愛知県三河一色産)、きも焼き、守口漬け、蒲焼のタレ、わさび、抹茶、刻みのり、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル、紅麹)、酒精、増粘多糖類、ph調整剤、(原材料の一部に小麦を含む)

ひつまぶし

(愛知)

 名古屋発祥とされる「ひつまぶし」は、簡単に言うと、うなぎを細かくしてご飯に乗せた料理である。名前の由来は「おひつに、まぶした」と考えて良いようだ。ちなみに関西では「ひつまむし」と言われているそうな。‥自分のような古くなってきた人間には、うなぎ=静岡・浜名湖と相場は決まっているものだったが、実際(現在)のところ、そうではないようだね。

 今回は駅弁で売られている「抹茶ひつまぶし」を食べてみることに‥。パッケージには、以下が書かれてあった。
・日本一のうなぎ生産地、三河一色の蒲焼
・日本一の抹茶生産地、西尾の抹茶
・日本一長い守口大根を添えた
・お茶かダシ汁をかけると、名古屋名物「ひつまぶし」


 箱を開けてみると、なにやら「ひつまぶし」の作法が書かれてあったのだ。
・一膳目は「そのまま」で、好みでタレをかけて
・二膳目は「薬味」で、海苔やワサビをのせて
・三膳目は「お茶漬け」で、ワサビや抹茶をのせて
 うぉー、これを駅弁でやるかー。‥うーし、家で食べているからできるもんね。(タレ、山椒、海苔、ワサビ、抹茶と、ご丁寧に全て付いている)

タレと山椒
 包みを開けてみると、茶色のご飯の上に、大雑把に細かく切ったうなぎの蒲焼がまぶしてある。その端には守口大根の漬物と、タレでくるんだ肝焼きだ。とりあえずタレと山椒をかけて食べてみると、うんこりゃ、うな丼だなー。こりゃ旨い。まずはうなぎが旨いのだなー。肝焼きは、ちょっと塩辛くした佃煮の感じで、守口大根は、奈良漬けに似ているね。

海苔とワサビ
 次に、海苔とワサビを混ぜて食べてみると、うん、これもありだなー。うな丼が苦手な人に、いい感じかも。

抹茶をかけて
 最後に御わんに移し、お湯で溶かした抹茶をかけて食べてみた。すると、ありゃー、急激にテンションダウン。ちょっとぬるいお茶漬けになってしまって、いまいち。

 でも、この「ひつまぶし」は確かに旨かった。また食べたい逸品。もうお茶はかけんけど‥。 
©名物に旨いものあり 2009-14
投稿へ

ひつまぶし(愛知)




コメント

旅めしランキング2位は愛知県ひつまぶし

 愛知県内では地下街から百貨店、駅構内にいたるまで数多くの「ひつまぶし」専門店が並び、旅行者と地元の人に愛されるご当地グルメです。「楽天トラベル」のお客さまの声には「食べたかったひつまぶしも堪能することができました」「ひつまぶしを食べに行きました」など、愛知県に立ち寄った際には必ず食べたいグルメとして支持されています。

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000370.000005889.html

(投稿者 匿名 さん / 2016年04月26日)

22日は土用の丑、一色うなぎ出荷ピーク

 愛知県西尾市一色町のうなぎ漁業協同組合で、土用の丑うしの日(22日)を前に、養殖うなぎの出荷のピークを迎えている。

 「一色産うなぎ」は、市町村別で生産量トップを誇る。昨年12月に養殖池に入れ、約半年かけて250グラム前後に育ったものを大きさ別に選別し、東海、関東、関西方面に出荷する。

(投稿者 アイムトン さん / 2013年07月21日)

「ひつまぶし」の名称は、登録商標。

「ひつまぶし」の名称は、1873年(明治6年)創業の老舗で“元祖”とされる「あつた蓬莱(ほうらい)軒」(名古屋市)の登録商標。だが、実際は他店も自由に使用している。5代目女将(おかみ)の鈴木詔子(のりこ)さん(66)は「ひつまぶしの知名度が上がればいい」とあっさり言い切る。今後も商標使用料を取る考えはないようだ。

(投稿者 ニュースウォッチャー さん / 2010年07月29日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。