名物に旨いものあり

ひよ子 を実食
福岡ひよ子
ひよこ(ひよこ本舗 吉野堂)
Home > 福岡の名物
/ クチコミ
(株)ひよこH
福岡県福岡市南区向野1丁目16-13

品名:ひよこ
名称:菓子
原材料:白餡(隠元豆)、砂糖、小麦粉、卵、麦芽糖、水飴、還元水飴、ぶどう糖、ソルビトール、膨張剤、着色料(ビタミンB2)

賞味期限:約2週間

ひよ子

(福岡)

 「ひよ子」は、東京にもあるし福岡にもある、有名なお土産お菓子である。元々は福岡で始まり、東京へも進出したもの。まあ、東京の名物の時にも食べたのだが、たまたま福岡のが手に入ったので、久しぶりに食べてみよう。

メモ)
 ひよ子は今年(2012年)、100周年を迎えた。もとを起こせば1912年(大正元年)、福岡県飯塚市の炭鉱の町にて作り出され、1964年に東京に進出し、東京土産としても成功したもの。
 100年経っても陳腐化すること無き、この形。素晴らしきかな~。


 紙包みを開けてカワイイひよ子を取り出してみると、む、意外に茶色っぽい印象である。匂いをかいでみれば、香ばしい良い香り。たまらずオオカミになったつもりで食べてみたら、おう、なるほど、これは全国的に真似され尽くされた感のある味である。で、形が独創的だからいいかと思えばそうでもなく、形も真似されまくりなのだよね~、残念だけど。

 こんがりと焼かれたヒヨコは、しっとりとしたクッキー系生地でかたち作られ、中には少し黄色いデンプン質のあんが入っている。うーん、こりゃ子供向けかな~。今の大人だと、1個で十分かもね、おそらく。

 それにしても、この形は素晴らしい。お菓子のノーベル賞ものだね~。‥外国人はどう感じるか知らんけど。
©名物に旨いものあり , 18rw