富山の名物、ほたるいか
ホタルイカ
ボイルほたるいか
Home > 富山の名物
/ クチコミ
魚津漁業協同組合
富山県魚津市漁港定坊割

名称: ホタルイカ浜茹で

漁期:1月中旬~5月(4,5月が旬)

ホタルイカは、日本海全域と太平洋側の一部に生息する。寄生虫があるため、生食は避けるべき。

ほたるいか

(富山)

 ホタルイカは、深海に住む体長5cm前後の小さなイカで、毎年4~5月に産卵のため、海面に上ってくるのだという。体中に約1000個ほどの発光体を持ち、刺激するとイカの形そのものに青白く、足を中心に光るそうだ。産卵後ははかない一生を終わらせてしまうので、何か哀しい気もするが、そのことが人々に大量に消費される理由にもなっているのだろう。

 ちなみに、富山湾は日本一有名な産地ではあるが、漁獲量は兵庫県が1番だったりする。(2016年の富山湾の平年予想漁獲量1800トン、2015年の兵庫県の実績3624トン)。


 ボイルのホタルイカをば‥。して、ボイルして食べることを産地・富山では「釜ゆで」or「桜煮」というそうな。

 当たり前なのかも知れないが、匂いはイカの匂いである。とりあえず何もつけずに一杯(一つ)食べてみると、意外と味があり、このままでも大丈夫。たぶん、海水と内臓のミソが味付けになっているのだろう。ただ、漏れ無く付いてくる「白い目の玉」は硬くて食べられない。あとは軟骨のスジも一本あるが、これは気にせずそのまま食べられた。

 基本的にイカはイカなのだが、一杯丸ごとを一口で食べることによる内臓の珍味的味わいが、このイカの醍醐味でありミソだと思うね。そんなに癖はないが、一人で沢山食べるのはちょっと‥。何事もほどほどが肝要かと。
©名物に旨いものあり 2005-17rw