青森の名物、ホタテ
ホタテ
陸奥湾産・照り焼きホタテ弁当
Home > 青森の名物
/ クチコミ
(有)吉田屋
青森県八戸市一番町1丁目2-1

品名:陸奥湾てり焼ほたて弁当
名称:弁当
原材料:茶飯(うるち米、醤油、みりん、その他)、焼ほたて、錦糸卵、しば漬(その他小麦、大豆由来原材料を含む)、調味料(アミノ酸等)、PH調整剤、香料、着色料(赤キャベツ色素)、保存料(ポリリジン)、グリシン、酸味料(クエン酸)

ホタテ貝

(青森)

 青森の特産といったら、忘れてはいけないのがホタテである。陸奥湾はホタテ養殖の発祥の地、今でもホタテ養殖が盛んに行われている。昔はホタテといったら北海道がダントツだったそうだが、養殖技術が開発されてからは、東北地方も主な産地に、のし上がったそうな。

 ホタテには貝柱の横に、黒い腸のようなもの、ウロが存在するが、これには貝毒や金属類が溜まるそうなので、食べない方がよい。実際、食べても旨くはないベ。


(今回は、ホタテ弁当にて‥)
 包みを開けると、醤油色の照り焼きホタテが美味しそうで、つい引き込まれてしまう。ホタテは大きくはないのだが、肉厚なのである。それ以外は、とってもシンプルに見えるね。ひとり粛々と食べてみると、やっぱりホタテは思った通りに旨い。味付けご飯の方は、減塩志向のせいか薄味になっていて、全体的にはかなり素朴な風味に。もう少しアクセントがあるとよいかなーとも。貝ひもの佃煮とか‥。

 でもホタテは確かに良い。これはホタテ一本勝負のホタテ弁当というところか。
©名物に旨いものあり 2006-14