福岡の名物、あいすまんじゅう
アイス饅頭
あいすまんじゅう
Home > 福岡の名物
丸永製菓(株)
福岡県久留米市東櫛原町1821

品名:アイスクリーム(バニラ)
原材料:小豆あん、乳製品、糖類(水飴、砂糖、異性化液糖)、安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、香料

あいすまんじゅう

(福岡)

 この「あいすまんじゅう」は、全国のどこにでも売られている普通のアイスであるが、なぜこれが名物かというと、パッケージに九州名物と書いてあったから‥。実はこの会社、色んな種類のアイスを作っているが、全国的に販売しているのは、ごく限られたアイスだけなのだ。

 その色んな種類のアイスを食べるには、地元に行くしかない。そこには、白くま、オランダバニラ、長崎カステラ等のアイスがあるそうな。


 「あいすまんじゅう」は、木のスティックに刺してある花形(福岡の県花・梅の花がモチーフらしい)の円柱のような形をした白いアイスミルクで、中の上半分においしいアズキが入っている。このアイスとアズキの絶妙なバランスが神業で、アズキあんも旨いのだが、外側の白いアイスミルクがなんとも不思議な風味。甘いような甘くないような、アズキの引き立て役にぴったりだね。これは名品だなー。

 後日、福島の南相馬市にも、これと瓜二つの「アイスまんじゅう」が存在することを知った。だが、それは地元でしか食べられないアイスらしい(それほど作っていないそうで)。「どっちがどうの」とかの歴史なんて、ワシャ知らん‥。
©名物に旨いものあり 2004-14