北海道の名物、いかめし
イカ飯
元祖・森名物・いかめし
Home > 道南の名物
/ クチコミ
函館本線・森駅
(株)いかめし阿部商店
北海道茅部郡森町御幸町112

品名:いかめし
原材料:いか、うるち米、糯米(もちごめ)、粗目砂糖、醤油(原材料の一部に小麦含む)

いかめし

(北海道)

 「イカめし」は色んなところで見かけるのだが、なぜだか一度も食べたことが無い。食わず嫌いというか、美味しくなかったら途中で投げ出してしまいそうな、そんなイメージを持ってしまっていたのだった。実は、お祭りの露天商などで売られて、おいしそうに見えたイカ焼きで失敗した記憶が残っていて‥。

 でも、函館本線・森駅に名物のおいしい「いかめし」があると聞き、そんなに言うなら一度と‥。普通、駅弁といえば1000円前後が相場であるが、なんとそれは470円(2005年)。や、安い。なぜそんなに安いのだ~!


 そのシンプルで素朴な赤い紙箱を開けてみると、にわかに醤油で煮たイカの香りがプ~ンと漂ってきた。見れば、それはそれはとっても旨そうで。と、イカの胴の入り口はツマヨウジで止めてあり、まあそれは案外小さめのイカなのだね~。満を持して頭からかぶりついてみると、イカの中にはお米(まさに米と表現すべく、そんな景色)が詰まっていて、そのお米とイカの食感と風味が誠にマッチしていて‥。

 その少しモチモチしたお米は、イカと合わせてよく煮込んであり、色合いからしてもお米に味がよく染み込んでいるのが分かる。ふむ、意外にイカがやわらかくて食べやすい。そうそう、イカを2杯も食べるのは、ちょっと贅沢な気もするのだね~。うーん、こりゃイケル、旨い。値段も味も絶品だ。「森駅に名物駅弁あり」ですな~。

メモ)
 イカの町・函館では、各家庭にて「いかめし」を作る文化があり、それぞれタレの調合などに工夫がなされ、それぞれの味が楽しまれている。また当然、観光客用に函館朝市などで「いかめし」が売られ、それも名物となっているんだよね~。

p.s.
 2015年、「いかめし」の価格が一気に10%以上も値上がりして650円に。昨年に消費税が8%に上がり、また急激な円安で1ドル120円になって原料のニュージーランド産のイカが高騰したためなんだと。

 2017年、650円の弁当を8月20日から130円値上げして780円に。それは近年の海水温の変化などでイカの不漁が続き、また主な調達先としている南半球でも不漁だったことによるもの。
©名物に旨いものあり 2005-17rw