埼玉の名物、十万石まんじゅう
十万石饅頭
十万石まんじゅう
Home > 埼玉の名物
(株)十万石ふくさや
埼玉県行田市長野2-27-28

名称:和菓子
品名:十万石まんじゅう
原材料:砂糖、小豆、つくね芋、上新粉、小麦粉、でん粉、膨張剤

賞味期限:要冷蔵で1週間ぐらい

十万石まんじゅう

(埼玉)

 「うまい、うますぎる」のCMで、(埼玉では)有名な十万石饅頭。パッケージは、棟方志功さんに描いてもらったもの。最初はどうしても読めない「うますぎる」の文字は、なぜそんな所に?と思わせる、妙な文字配置がとても気になる。でも、そんなパッケージが人をひきつけるのだ。

 ちなみに、十万石は忍藩(おしはん)の石高、(パッケージの)饅頭を食べている人は、お姫様なのであろうか。うーん、パッケージもCMも、かなりステキなのであーる。


 十万石と刻印された白い饅頭を手に取り匂いをかいでみると、(冷蔵庫に入れてあったせいか)匂いはほぼ無い。一口食べてみると、うーん、しっとりした餡が冷たくておいしいのだ。この餡は高級だなー。うん、「うまい、うますぎる~」の文句は、(ほどほどに)納得だ。酒まんの雰囲気でもあるが、それとは違うピュアところもある饅頭だ。薄皮の生地である薯蕷皮(じょうよがわ:山芋使用)は、酒饅頭や葬式饅頭の皮に似たものであるね。甘さを抑えた水々しい餡が特徴とも言える。

 ‥数日後、冷蔵庫に入れてあった十万石饅頭は、皮もアンコもまだシットリとしていて、おいしかった。まあ、一言でいうと、地元に愛される饅頭だね。
©名物に旨いものあり 2008-13