東京の名物、たい焼
カドヤの鯛焼き
ごえもんカドヤのたい焼
Home > 東京の名物
(株)加藤物産 カドヤ
東京都荒川区東日暮里3-15-14

特徴:新鮮な鶏卵、ミルク、蜂蜜を使用し、小豆、砂糖、水飴、小麦粉等
たいやき (東京)

 とある物産展に「かくれた名店」とのうたい文句で、この鯛焼き屋さんが出展していた。地域名を冠した物産展というものは、期待に反する物産展が少なからずあり、がっかりさせられること、しばしば。でも、ここの物産展だけは、いちおう大体は信用している。なので、その中から「東京のたいやき」を食べてみることに‥。


 物産展といえども実演販売になっていて、ちゃんと現場で焼いているのである。つぶあん、カスタード、黒ゴマ、白玉入り餡の4種類が売られていて、その中から、つぶあんを5個買おうとしたが、6個買うと箱が付いてくるそうなので、6個買ってしまったぞな。なんか知らんが、箱に入ると雰囲気がバツグンに良くなるのだね。‥数時間も経たない内に、空っぽになるだけなのに。

 家へ帰ってから箱を開けて鯛焼きを手に取ってみると、やはり鯛焼きの良い匂いがする。たまらん。なんかちょっと小さいような気がするが、気のせいかなー。シッポからかぶりついてみると、シッポにもあんこが入っていた(‥というか、しっぽにもあんこが入るように焼いているのを私は見た)。うん、これはうまい。

 でも、特徴的な味がするわけではない。箱書きに「特許機械により、冷たくなっても硬くなりません」と書いてあったのでよく観察してみると、なるほど、柔らかくてふっくらしている。小さく感じるが、厚い鯛焼きだった。まあ、これを買っておけば間違いなしってところかなー。

メモ)
 ちなみに、東京の「たいやき御三家」と言われている所は、浪花家総本店(麻布十番/1909年創業)、柳屋(人形町/1916年創業)、わかば(四谷/1953年創業)であるそうな。中でも最も古い「浪花家総本店」は、「およげ!たいやき君」の歌のモデルになった店だと言われていて、いまでも一個ずつ焼く、手間のかかる手法を用いている。 「一個ずつ焼く」:天然物、「一度に複数個焼く」:養殖物、と通の間では語られているよ。
©名物に旨いものあり 2009-16