福井の名物、越前海鮮煎餅
越前海鮮煎餅
越前海鮮煎餅・10種詰合せ
Home > 福井の名物
越前海鮮倶楽部
福井県坂井市三国町平山15-21

中身:甘えび、かに、ほたるいか、小鯛、わたりがに、じゃこ、岩のり、わかめ、あさり、うに

越前海鮮煎餅

(福井)

 越前海鮮煎餅は、たまたま、もらい物で貰ったのだが、これが結構いけたのである。簡単にいうと、よく売られている薄くてふわっとした「エビせんべい」に似た物を生地にし、「甘えび、かに、ほたるいか、小鯛、わたりがに、じゃこ、岩のり、わかめ、あさり、うに」を姿のまま閉じ込めた煎餅なのである。こんなせんべい、ありなのか。(‥当時はそう思ったが、後から似たような煎餅がワンサカと)

 箱には、「馬鈴薯でんぷん(無味無臭)を生地に使用し、素材の海の幸の旨味や風味をそのまま焼き上げた」、と書いてあった。


 金属の缶から、一枚ずつ包装された煎餅を出してみると、「よくぞここまでしたものだなぁ」と関心させられ、見ているだけでも楽しい。一種類ならともかく、こんなに多くの種類を仕上げるのだから、大した煎餅だと思うね。名物とは聞いていないが、名物と言ってもよいだろう。いや、なるだろう。

 (もったいない気がするが仕方なく)食べてみると、塩味のさっぱりとした風味。見た目だけだろうと思っていた各海産物の香りと味わいが、そのまま生かされていて、おいしいのである。こりゃ、結構インパクトがある。ホタルイカが、そのまま煎餅にくっ付いているなんて、見たことが無いし。

 これはかなり面白い。お土産で貰ったら、うれしい逸品だと思うね。
©名物に旨いものあり 2004-14