北海道の名物、氏家かきめし
厚岸氏家かきめし
かきめし(厚岸駅前 氏家)
Home > 道東の名物
/ クチコミ
(有)氏家待合所T
北海道厚岸郡厚岸町宮園1丁目15

品名:弁当(厚岸氏家かきめし)
原材料:米、かき、たくあん、あさり、つぶ、椎茸、ふき、福神漬、ひじき、刻み海苔、醤油、砂糖、調味料(アミノ酸等)、酸味料、保存料(ソルビン酸K、ポリリジン)、メタリン酸Na、甘味料(ステビア、スクラロース)、香料、増粘多糖類、着色料(カラメル色素、黄4、赤102、赤106、黄5)、グリシン(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

消費期限:今日の21:00だった

厚岸・氏家かきめし

(北海道)

 北海道の東部、太平洋に面した海沿いに厚岸(あっけし)湾があり、その湾の奥に隣接して、海水の多く混ざる汽水湖の厚岸湖が存在する。その厚岸湖は古くから天然牡蠣の産地であり、厚岸湾との接続部には牡蠣の殻が堆積してできた牡蠣島(現在は沈む)もあったほどなのだ。

 全国の牡蠣の産地を見ても分かる通り、牡蠣は川によって運ばれる森の養分によって育つ。ここ厚岸も、まさにそういう地形なのである。あとは北海道の寒冷な気候を活かして、日本で唯一、一年中鮮度の良い牡蠣が食べられるのが厚岸の特徴だね。


 折詰風のプラ箱を開けてみると、なんじゃこりゃ。期待していただけに(申し訳ないが正直言って)かなり質素に見える弁当だ。まあ、バックグラウンドにあるご飯が同じ色なので、カキが埋もれて見えるのがマイナスなのかも知れないが‥。見るとアサリ、カキ、つぶ貝の切り身、フキ、シイタケ、タクアンが全て3つ(または3切れ)ずつ入っているね。

 まぁまぁまぁーと、心をなだめながら茶色のご飯を口に運ぶと、ちょっと芯がある具合いのオコワにも近い歯ごたえ。味の方は醤油味をベースに、カキ等のエキスが濃厚な風味を醸し出す。上に乗ったオカズを片っ端から食べて行くと、やっぱりそれはそれ、カキが一番旨いのである。それにしても、ずいぶんと歯ごたえのあるご飯で、よく噛まないといけなく候。

 これは(作りたての)昼食時に食べるべきだった(のかも)。今は夕食。‥いや、気に入らなかったかのような記事であるが、実のところ、かなりのお気に入り。おいしいカキ飯弁当で、おすすめ。
©名物に旨いものあり 2010-14