名物に旨いものあり

柿の葉寿司 を実食
柿の葉寿司
たなかの柿の葉すし(さば、さけ)
Home > 奈良の名物
/ クチコミ
柿の葉すし本舗たなか
奈良県五條市住川町1490

原材料:さば、紅さけ、すしめし、醸造酢、砂糖、食塩、調味料(アミノ酸など),(原材料の一部に大豆を含む)

柿の葉寿司

(奈良)

 何故に海の無い奈良県にて、海の魚を使う「寿司」なのかと思うものであるが、よく考えてみると、保存食の海の幸と考えれば納得できなくもない。また、この地方で豊富に採れる「柿の葉」を使うところにも、意味があるのだね~。

 で、いつ頃から食べられるようになったか? というと、どうも「醸造酢が普及した江戸中期以降」という説に落ち着いているよう。


 シンプルな四角い箱を開けてみると、ギッシリと詰まった葉っぱの包み。その葉っぱの包みを一つ広げてみれば、きっちりと四角に押されたサバの寿司。「おう、見事じゃ、見事じゃ~」と思いながら、そのお寿司の匂いをかいでみたら、柿の葉のすがすがしい匂いと、しめ鯖と寿司飯の甘い香り、そして酢の刺激が鼻を突く。‥後で知るところによると、ご飯は酢飯だが、サバは塩サバなんだと。

 それからしめ鯖の乗った寿司を一気にほおばれば、これが旨い。なんというか単純に、旨い”しめ鯖寿司”、そのもの。次にサケの方を食べてみると、あら不思議、しめ鯖ほどの主張は無く、上品に振舞う”おしとやか”な寿司。こちらは鯖が嫌いな人向けかな~。なんじゃ、結構いけるな~、こりゃ。

メモ)
 奈良県内で50軒以上ものお店で作られている柿の葉寿司は、元々はサバ寿司が基本であったが、今では色んなネタの寿司が作られているそう。なかでも人気なのが、サバに加えてサケなんだと。

 香りの良い柿の葉は、通年使用の塩漬けの葉の他に、春になると新緑の柿の葉も使われたりして、大いにこの寿司を盛り上げる。

 県南地域(吉野など)では家庭でも作られ、また県全域はもちろん、大阪などでも(買い求めたものではあるが)よく食べられているよ~。
©名物に旨いものあり 2004-18rw