名物に旨いものあり

角煮まん を実食
角煮まん
角煮割包かくにまん
Home > 長崎の名物
/ クチコミ
(有)蘇州林
長崎県西彼杵郡時津町左底郷79-5

品名:角煮割包(チルド食品)
原材料:豚肉、生姜、醤油{小麦、大豆(遺伝子組換えでない)}、砂糖、片栗粉、調味料、皮(小麦粉、食塩、イースト)

角煮まんじゅう

(長崎)

 肉まん、あんまん、中華まん。中華まんじゅうは色々あれど、最近の流行は長崎の「角煮まん」らしい(2005年)。甘いもの好きは「あんまん」にしか目が行かないかも知れないが(自分のこと)、肉まん好きはこの「角煮まん」も気になるところではないかな~。

 して、豚の角煮は”しっぽく料理”(ポルトガル等の外国から影響を受け長崎風にアレンジされた料理)のメインディッシュで、この角煮をまんじゅうの具にしてしまったのが、この角煮まんじゅうなのだと。さらにまた、中華料理の割包(クアパオ)の角煮入り、と言う人も‥。


 とっても存在感のある、この角煮まんじゅう。香りは、だいたい肉まんに近いだろうか。見ると、手の込んだ白い生地がまるで真珠貝のような形になっていて、中から肉厚の豚の角煮が飛び出している。で、ハンバーガーのようにガブリと食べてみると、おう、生姜焼きに近い風味で、肉がやわらかくて食べやすい。中華まんじゅうと豚の角煮って相性が良いのだね~。ふーん。

 旨いことはうまいが、さすがに値段が張る。もう少し安ければ、もっとおいしく感じるかも‥。見た目、ファストフード的な様相であるが、実際は高級志向なのかな~。

 いや、待てよ「豚の角煮」の方に、スポットをあてるべきだったかも~。
©名物に旨いものあり 2005-18rw
投稿へ

角煮まんじゅう(長崎)


  • Currently 0/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 0/5 (0 votes cast)

コメント

九州・長崎の伝統料理をお手軽に「長崎角煮まんじゅう」

豊かな自然と異国情緒あふれる人気の観光地、九州・長崎。江戸時代の出島など、昔から海外との交流が盛んな地域だったこともあり、建築物はもちろん食文化も独特で、同じ九州地域でも他県とはまた違う長崎ならではの料理が楽しめる。そんな長崎グルメの中で、ここ数年、筆者のお気に入りなのが「長崎角煮まんじゅう」だ。

長崎の郷土料理である卓袱しっぽく料理の中の一品の「東坡肉とんぽうろう」を手軽に楽しめるようにと、岩崎本舗の初代が作り出したのが、この「長崎角煮まんじゅう」だった。「卓袱」とはテーブルクロスという意味で、卓袱料理では一つの円卓を囲み、大皿に盛られた料理を小皿に取り分けて食事をするのがならわしだ。中国料理の東坡肉が、長崎に伝わって東坡煮、沖縄ではラフテーにアレンジされたという。

(投稿者 匿名 さん / 2016年10月16日)

まんじゅう食べに今から長崎行きまーす。

(投稿者 I.G さん / 2010年04月20日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。