長崎の名物、角煮まん
角煮まん
角煮割包かくにまん
Home > 長崎の名物
(有)蘇州林
長崎県西彼杵郡時津町左底郷79-5

品名:角煮割包(チルド食品)
原材料:豚肉、生姜、醤油{小麦、大豆(遺伝子組換えでない)}、砂糖、片栗粉、調味料、皮(小麦粉、食塩、イースト)

角煮まんじゅう

(長崎)

 肉まん、あんまん、中華まん。中華風まんじゅうは色々あれど、最近の流行は長崎の「角煮まん」らしい(2005年)。甘いもの好きは「あんまん」にしか目が行かないかも知れないが、肉まん好きはこの「角煮まん」が気になるところではないかなー。

 豚の角煮は、しっぽく料理(ポルトガル等の外国から影響を受け長崎風にアレンジされた料理)のメインディッシュで、この角煮をまんじゅうの具にしてしまったのが、角煮まんじゅうなのだという。でも、中華料理の割包(クアパオ)の角煮入り、とも言えるのではないか。


 存在感のある角煮まん。香りは、だいたい肉まんに近いだろうか。見ると、手の込んだ白い生地がまるで真珠貝のような形になっていて、肉厚の豚の角煮が飛び出している。ハンバーガーのようにガブリと食べてみると‥、おう、生姜焼きに近い風味で、肉がやわらかくて食べやすい。蒸しまんじゅうと豚の角煮って相性が良いのだなー。ふーん。

 旨いことはうまいが、さすがに値段が張る。もう少し安ければ、もっとおいしく感じるかも‥。
©名物に旨いものあり 2005-14