長崎の名物、カースケイク
カースケイク
ハウステンボス・カースケイク
Home > 長崎の名物
タンテ・アニー
長崎県佐世保市日宇町2566
製造:九十九島グループ黒髪工場
長崎県佐世保市黒髪町9-15

名称:洋菓子
品名:カースケイク
原材料:ナチュラルチーズ、小麦粉、卵、砂糖、クリーム(乳製品)、バター、粉糖(砂糖、コーンスターチ)、レモン果汁、卵黄、食塩(原材料の一部に大豆を含む)、膨張剤、香料、着色料(カラメル、カロチン)、安定剤(ローカスト、グァー)

賞味期限:14日

ハウステンボス・カースケイク

(長崎)

 長崎といえば佐世保のハウステンボス。このハウステンボスで一番売れているというお土産が、このカースケイクなのである。カースケイクとは、オランダ語でチーズケーキのことをいうらしい。なんだぁ、チーズケーキなのかー、と思ってしまったのだが、一番売れているというから食べてみよう。

 ちなみに、オランダはゴーダチーズなどが有名で、世界一のチーズ輸出国なのだという。へぇー、あんなに小さな国土なのに?。


 アニーおばさん(*1)の肖像画が貼ってある、八角形の紙箱を開けると、鮮やかな焼き色のタルト状のチーズケーキが出てきた。匂いをかぐと、やはりチーズケーキの香りがする。食べてみると、普通のチーズケーキよりも濃厚で、むしろチーズそのものに近いおもむきだ。少し硬めで、ベイクドチーズケーキといったところかなー。その他に特別な個性があるわけではないが、結構、おいしいのである。

 箱の感じもステキなので、お土産に適していると思うね。

*1:昔、オランダのミデルブルグに、お菓子づくりを得意とするおばさんがいて、彼女の家の前はケーキを求める人で、いつもいっぱいだったとか。その人の名が「アニーおばさん」。
©名物に旨いものあり 2005-13