秋田の名物、きりたんぽ
キリタンポ
きりたんぽ鍋
Home > 秋田の名物
大館きりたんぽ協会
秋田県大館市字中城20番地

きりたんぽ(ササニシキ)、ゴボウ、長ねぎ、鶏肉(比内地鶏)、セリ、キノコ(マイタケまたはシメジ)、糸コン
きりたんぽ (秋田)

 秋田名物「きりたんぽ」といえば、秋田の観光地で売っている、木の棒にご飯を巻きつけ、味噌を付けて焼いたものを思い浮かべる人もいるだろう。私もその口で、それを見るととても旨そうなので買ってしまうのだが、一度も旨いものに出会ったことが無い。秋田県人に言わせると、「きりたんぽ」といえば「きりたんぽ鍋」のことをいうそうで、要するに鍋で食べろ、ということらしい。(‥2004年当時はそんなイメージだったのだが、その後テレビなどでしばしば取り上げられるようになり全国区へ)

 「きりたんぽ」は杉の木の棒に、新米(もち米ではなく、うるち米)を半つぶしにして巻いたものである。それと、普通に「きりたんぽ」と呼んでしまっているが、どうも切っていないものは「たんぽ」と言うらしく、その切ったものが「きりたんぽ」となるのだそうで‥。え~!。


 「きりたんぽ鍋」は、おかずもご飯もいらず、鍋だけを食べるご馳走なのだ。強いて言えば、地酒もあった方が良い。きりたんぽ、鳥肉(比内地鶏)、キノコ(マイタケ)、セリ(根っこ付き)が醸し出す独特の風味に、おこげご飯が溶け出す、一風変わった鍋なのである。特にマイタケの食感が、この鍋には合う。(できれば比内地鶏スープと、三関セリを使う)

 この鍋は、翌日になると(前日の残りが)尚旨いそうだ。汁の中にきりたんぽが溶け出し、(見た目は悪いが)雑炊にも似た旨い鍋になるのだという。でもこれをお客さんに出すとヒンシュクも‥。

メモ)
 きりたんぽ鍋は冬に食べるイメージがあるが、本場の鹿角や大館では、ごく普通の家庭料理なのだそうで、夏でも冬でも、何かのイベントごとに食べるのだとか。お~、そういえば一関の餅文化でもそのようなことを言っていたな~。
©名物に旨いものあり 2004-15