名物に旨いものあり

越乃寒梅 を実食
越乃寒梅
越乃寒梅 特別本醸造 別選
Home > 新潟の名物
/ クチコミ
石本酒造株式会社
新潟市江南区北山847-1

原材料:米、米こうじ、醸造アルコール
精米歩合55%、アルコール分16.0度以上17.0度未満、720ml

製造後2ヶ月経過

越乃寒梅

(新潟)

 酒といえば日本酒。日本酒といえば越乃寒梅(こしのかんばい)。そう、日本酒の王様といえば越乃寒梅と相場は決まっている(いた)。通のみなさんはどう言うか分からないが、我々一般人の常識なのである(あった)。昔は見たこともない幻の酒だったが、現代のこのご時世、日本酒離れが進んだせいか、意外と身近に、たまにではあるが見かけるようになった。

 更に都合の良いことに、ネット社会では簡単に手に入る。そう、わたしもそうやって手に入れたのだった。

 越乃寒梅の種類には、白ラベル(普通酒)、別撰(特別本醸造)、無垢(特別純米酒)、特撰(吟醸酒)、金無垢(純米吟醸酒)、超特撰(大吟醸酒)、特醸酒(大吟醸酒)があるようだが、その中の下から二番目、別撰(特別本醸造)を買ってみた。‥いや、知らずに買ったら、そうなっていた。


 瓶のフタを開け、いちおう匂いをかいでみると、刺激臭の少ない柔らかい日本酒の匂いがする。色は、概ね無色透明だ。一口飲んでみると、む、なんじゃこりゃ。独特の風味があるわけではなく、かなりの透明な味わいだ。まあ一瞬だが辛味が舌にまとわりついてくる感じも‥。が、総じて凄く飲みやすく、スルスルッと喉の奥に流れて行く。「上善水の如し」という酒もあったが、そんなピュアな感覚の酒なのだな~、これが。

 ド素人の私には「なんでこれが‥」と初めは思ったが、肴(さかな)をつまみながら飲むと、これが一気に花開き、両者が絶妙なバランスを保ちながら優雅にバレエを踊る、そんな光景が口の中に浮かんだ気がした。うん、これは白ワインよりも和食に合う。こりゃ旨い。日本酒とは、こういう酒だったんだなー。ご飯も旨く感じるぞな~。

メモ)
 新潟県は、高級酒(特定名称酒に分類される本醸造や純米酒、吟醸酒など)の出荷量が全国一で、また1人あたりの清酒(日本酒全て)の消費量も全国一なのである(2017年資料)。それに加え、日本で唯一の日本酒の学校「新潟清酒学校」まであるのだぞよ。
©名物に旨いものあり 2009-17rw
投稿へ

越乃寒梅(新潟)




コメント

石本酒造 新潟産酒米で「越乃寒梅」

 清酒「越乃寒梅」の蔵元、石本酒造(新潟市)は28日、新潟市内で栽培された酒米だけを使った日本酒を発売する。酒米「五百万石」を採用し、辛口でキレのある味わいを再現した点が特徴。新潟市内の一部特約店を通じて販売する。

 発売するのは「越乃寒梅 普通酒 大江山産」。希望小売価格は税別で720ミリリットルが960円、1.8リットルが2030円。2商品で計1万1千本を販売する計画だ。

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO07700250X20C16A9L21000/

(投稿者 匿名 さん / 2016年09月29日)

越乃寒梅が45年ぶりに新作

 日本酒「越乃寒梅」醸造元の石本酒造(新潟市江南区)は1日、通年商品としては45年ぶりの新商品「灑(さい)」を発表した。17日から全国で発売される。

 「灑」は、酒造米「五百万石」と「山田錦」を使った純米吟醸酒で、「淡麗ですっきりした飲み口」という越乃寒梅らしさはそのままに、飲みやすさを追求したという。社長は「(越乃寒梅の)本流から枝分かれする感じで、若い人に向けて軽い、優しい飲み口でありながら米のうまさをしっかり出して、印象に残る酒を作る部分が苦労だった。料理が欲しくなる酒でありたい」と語った。

http://mainichi.jp/articles/20160601/mog/00m/020/009000c

(投稿者 匿名 さん / 2016年06月02日)

さすが新潟、酒どころ 県庁売店に酒瓶ずらり

 お堅い役所に、日本酒がずらり――。酒どころ、新潟県庁の売店の棚では、県内94のすべての蔵元の瓶が並んでいる。まるで酒屋のようだ。

 県内の2009年度の清酒消費量は約2万9千キロリットルで、10年前の6割にまで落ち込んだ。危機感を抱いた県が昨年末から棚を並べ替えて、PRを始めた。

 だが、棚に並ぶほとんどは空き瓶で、販売用は越乃寒梅など約20種。「他の銘柄はまだ実績がなく、仕入れられない。すべての銘柄を販売用にそろえるのが夢です」

(投稿者 アイルトン さん / 2011年02月20日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。