名物に旨いものあり

魚沼産コシヒカリ を実食
魚沼産コシヒカリ
魚沼産コシヒカリ
Home > 新潟の名物
/ クチコミ
魚沼みなみ農業協同組合
新潟県南魚沼市美佐島1834-1

販売者:パールライス宮城
認証:財団法人 日本穀物検定協会

原料:玄米
新潟魚沼産 コシヒカリ 100%(平成の大合併の前の地名)

魚沼産コシヒカリ

(新潟)

 ご飯はだいたい毎日食べているものだが、炊きたてのご飯はどれを食べてもおいしいもの。ご飯は「冷えたときに違いが出る」というが、本当にそうだと思うね。まあ最近は余ったご飯はすぐ冷凍してしまうので、家で冷ご飯にはなかなかお目にかかれないのだが‥。それはさておき、時々、物凄く旨いお米に出会う時がある。「ご飯をおかずに、ご飯を食べられる」ような、そんなお米に出会ったときには、この上ない幸せを感じてしまうのだよね~。

 と、こんなにお米を食べ続けているのに、旨いことで有名な魚沼産コシヒカリを食べたことが無いのが残念。そんなこんなで、命より大切なお金をいつもより少し多く使い、そのお米を食べてみることで、決行‥。


 炊き上がったご飯をワクワクしながら食べてみると、あれ~、見た目も香りも風味も、いつものご飯と変わりが無いような~。んー、昨日まで食べていた「あきたこまち(農家より直接買った有機米)」と変わりが無いぞ~。やはり、冷めたときにいろいろ違うのかな~。いや今まででも、十分美味しいお米を食べていたということなのかも~。

 まさか、偽物ではないよね~。それとも、同じ魚沼産でも、いろいろあるのかなー。

追記)
 後日、農家の方に聞いてみると、同じ地域で同じ銘柄のお米を作ったとしても、水の温度や刈り取り後の乾燥の仕方(機械乾燥、天日干し)などで、全然違った味のお米ができるのだと。わざわざ天日干しをしている農家から、直接購入して食べている人もいるらしい。美味しいお米を食べたいなら、農家指定で買うのが良いということなんじゃな~。

メモ)
 「とにかく産地偽装に気をつけよう!」ということで、以下にニュースをピックアップ。

 2017.05、新潟県は8日「新潟県産コシヒカリ」として2016年度に全国販売された米のDNA検査を行ったところ、少なくとも9.6%の商品で県産コシヒカリ以外の品種が混入していたと発表。

 2017.02 経済専門誌「週刊ダイヤモンド」(2月18日号)が報じたところによれば、週刊ダイヤモンド誌が購入した「JAグループ京都の米卸が販売している」国産コシヒカリ3銘柄の米を無造作に10粒選び専門の検査機関に委託して検査した結果「滋賀こしひかり」10粒中6粒「魚沼産こしひかり」10粒中4粒、「京都丹後産こしひかり」10粒中3粒が「中国産コシヒカリ」と判別されたという。
©名物に旨いものあり 2005-17rw
投稿へ

魚沼産コシヒカリ(新潟)




コメント

コシヒカリがあるのは亀の尾のおかげ

「亀の尾」の誕生は明治26年(1893年)。山形県の篤農家・阿部亀治氏により発見育成された。現在よく知られているブランド品種のルーツで、「ひとめぼれ」も「あきたこまち」も「つや姫」も、亀の尾がなかったら生まれていない。今や世界中の日本食ファンに支持されている「コシヒカリ」も同じだ。

味の良さから大正時代に広く栽培された亀の尾だったが、農薬や化学肥料を使用する現代的な農法に合わず、栽培も難しいため徐々に姿を消していった。

そんな中、この品種に目をつけたのが新潟県長岡市の「久須美酒造」だ。1980年にはすでに幻となっていた亀の尾の種籾を探し出して復活させ、日本酒「亀の翁」を完成させた。これをモチーフに描かれた漫画「夏子の酒」をきっかけに、亀の尾で日本酒を造る酒蔵が増えていった。

https://forbesjapan.com/articles/detail/22772

(投稿者 匿名 さん / 2018年09月09日)

魚沼産コシヒカリ、初めて最高評価逃す

日本穀物検定協会(東京・中央)が28日発表した「2017年産米の食味ランキング」で、「最高級のコメ」として有名な新潟県魚沼産コシヒカリが初の格下げとなった。魚沼産コシヒカリは上から2番目の「A」評価となった。1989年に現在の制度となってから2016年まで、魚沼産コシヒカリは28年連続で最高位「特A」を維持していた。あくまで相対的な順位付けだが、昨夏の天候不順によってコメとしての出来栄えがやや変化した可能性がある。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2749903028022018000000/

(投稿者 匿名 さん / 2018年03月01日)

コシヒカリがダントツで人気の理由は?

 その理由は、コシヒカリが東日本と西日本、それぞれで作られていた品種を先祖に持つことにあります。コシヒカリは、かつて東日本で最も美味しいとされていた「陸羽(りくう)132号」の系統である農林1号と、西日本で美味しいとされていた「朝日」の系統である農林22号を掛け合わせて誕生しました。

 コシヒカリは、東北、北陸などの米どころの気候はもちろん、四国や九州のような温かい気候でも実る性質を持っているため、全国で作られるようになりました。さらに、収穫後、貯蔵中の品質の低下が起こりにくいため、現在のように全国各地で作られ、広く食べられるようになったのです。

http://www.asahi.com/and_bazaar/articles/SDI2016071520061.html

(投稿者 匿名 さん / 2016年07月19日)

コシヒカリ、同じ新潟でもあぜ道1本はさんで価格差

 700種以上もあるコメの銘柄のなかで、新潟県南西部産の「魚沼産コシヒカリ」は食味の良さから最高ブランドに位置付けられている。店頭に並べば5キロ入りで3000円近い値段になり、北側に隣接する地域で生産する「新潟産一般コシヒカリ」よりも700~800円高い。山間部で手間をかけて作っただけあって当然の価格差とも思ったが、現地へ赴くと、意外にもあっさりとブランドを分ける境界線が引かれる場所をみつけた。

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO03731210X10C16A6000000/

(投稿者 匿名 さん / 2016年06月24日)

魚沼産コシヒカリのおにぎり販売(ファミマ)

ファミリーマートは、「ファミマプレミアムシリーズ」として手巻タイプのおむすびで初となるプレミアム商品「手巻初摘み海苔 魚沼産コシヒカリ」を開発し「北海道産いくら」と「本まぐろ」を、2016年1月12日に期間・数量限定で発売した。

http://www.j-cast.com/trend/2016/01/13255324.html

(投稿者 匿名 さん / 2016年01月13日)

スウェーデンの食品庁が「コメの摂取制限」を勧告したことについて

スウェーデンにおいて食品の安全性を監督する役割を担う食品庁は、一般市民に向けた食物摂取に関する勧告のうち、コメの摂取についての勧告を変更した。変更内容は

・6歳未満の子どもにはライスクッキーを食べさせないこと。
・6歳以上の子どもを含む全ての子どもは、コメやコメからできた食品(牛乳粥、ビーフン・春雨、朝食シリアルなど)を食べる回数を一週間にせいぜい4回までに留めること。
・大人でも、これらの食品を毎日食べている人は、摂取量を減らし、週にせいぜい6回までにするよう努めること。
・コメを食べる場合は、玄米ばかりを食べないようにすること。

http://blog.goo.ne.jp/yoshi_swe/e/a6eb92d680d129b9aa32ce9e79aebf00

(投稿者 匿名 さん / 2015年10月01日)

平成18年産米の特Aランクは17です

道府県 地区 品種名 18年産 17年産 16年産
秋田 県北 あきたこまち 特A 特A 特A
新潟 中越 コシヒカリ 特A A  特A
新潟 岩船 コシヒカリ 特A A  A 
山形 内陸 コシヒカリ 特A 特A A 
福島 会津 コシヒカリ 特A 特A 特A
福島 中通 コシヒカリ 特A 特A 特A
茨城 県北 コシヒカリ 特A 特A 特A
新潟 魚沼 コシヒカリ 特A 特A 特A
新潟 佐渡 コシヒカリ 特A 特A -
山梨 峡北 コシヒカリ 特A 特A A 
長野 東信 コシヒカリ 特A 特A 特A
山形 庄内 はえぬき 特A 特A 特A
山形 内陸 はえぬき 特A 特A 特A
大分 日田玖珠 ひとめぼれ 特A A  特A
岩手 県南 ひとめぼれ 特A 特A 特A
宮城 県北 ひとめぼれ 特A 特A 特A
山形 庄内 ひとめぼれ 特A 特A 特A

日本穀物検定協会

(投稿者 ニュースウォッチャー さん / 2007年02月27日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。