長崎の名物、九十九島せんぺい
九十九島せんぺい
九十九島せんぺい
Home > 長崎の名物
(株)九十九島グループ
長崎県佐世保市日宇町2566

名称:焼菓子
品名:九十九島せんぺい
原材料:砂糖、小麦粉、ピーナッツ、粉糖、卵白、醸造酢、コーンスターチ、植物油脂、(原材料の一部に大豆を含む)

賞味期限:約3ヶ月後になっていた
九十九島せんぺい (長崎)

 九十九島せんぺい(くじゅうくしませんぺい)は長崎の定番みやげの一つ、中島潔が描いた「洋傘を差した少女」の包み紙がトレードマークである。そしてそこは九州の地、せんべい(senbei)ではなくて、せんぺい(senpei)なのだ。はたして長崎・九十九島の香りはしてくるかな~。

 ちなみに九十九島は、長崎県の佐世保の西岸の狭い海域に連なる群島で、見た感じ日本三景・松島(宮城)を思わせる景観なのである。南国の島とあって、松の木以外にも数種の南国の樹木が自生し、緑も濃く、松ではなくとも良い景色なのじゃよ。


 飴色で、亀甲型の、急須のフタ大(直径6.5cm)の煎餅は、ピーナッツクリームの香りを放ち、裏面にはまさしくピーナッツのつぶつぶが浮き出している。食べてみると、パリパリ、ポリポリ、こりゃ旨い。食べる前は「湯せんぺい」のイメージであったが、実食後、食べ応えと存在感のある、意外に濃厚な煎餅だと感じた。別の言い方だと、甘味があり粘つき感もある、甘党の煎餅かな。

 p.s. 九十九島せんぺいは昭和26年から作られ、その独特な製法は特許も取得している、たいそうな煎餅なのだ。
©名物に旨いものあり 2012-14