名物に旨いものあり

笠間のくり を実食
栗 剥き栗
茨城特産の栗
Home > 茨城の名物
/ クチコミ
JA茨城中央
茨城県笠間市飯合146

産地:茨城
等級:秀
サイズ:4L
内容量:1キログラム
シーズン:9月~10月頃
品種:不明

4Lの規格なのか、大体は5cm前後で、5cm超えもゴロゴロ。それでも最大は5.2cm

笠間の栗

(茨城)

 栗は都市部に住んでいると遠い存在であるが、全国津々浦々の山林、家庭の庭、栗林などでちゃんと自生、植栽、または栽培されているのだよね。

 栗といえば山を連想するが、何故か平地の茨城県がダントツの栗の出荷量を誇る。国の2008年作物統計によると、茨城:5030t、熊本:3220t、愛媛:1990tであった。また栗には色んな種類があり、筑波、丹沢、銀寄などが多く作られている。だいたい日本の栗は病虫害に強い品種が多く(害虫のクリタマバチに対抗するため)、中国の天津甘栗などのように、皮が薄くて渋皮がむきやすい品種はほとんど作られていない。でも最近、渋皮がむきやすい新しい品種(ぽろたん)が開発されたそうなんだよね。


 せっかくなので、売られている茨城産の栗の中で、一番大きい4Lサイズの栗を買ってみる。するとそれはとっても大きく、茨城という土地柄でもあり「この紋所が目に入らぬか」という名前で売ったらどうかと思えるほどの大きさで(ゴルフボールより大きい)、家族を驚嘆させたのであった。

 調理方法も知らず、買ってすぐに適当に茹でてみた。茹で上がった栗の匂いは、独特の匂いがするね。これは渋皮の匂いかなー。このデカイ栗は、鬼皮(外皮)がかなり硬く、むくのに困難を極める。特にお尻のザラザラ部分がしつっこい。やっとむいても、更に中の渋皮も頑固なのである。あきらめて渋皮付きでそのままかぶりついてみると、ほくほくしていて旨い。でも、先日食べた普通サイズの栗より確実に淡泊であった。‥何事も、ほどほどが良いということか。

 やがてそれ以上、皮をむくのが嫌になり、半分に切ってスプーンで食べることにした。やっぱり、これがよい。デカイと半分に切るのも大変だけどね‥。

メモ)
一般的な食べ方
  1. 栗を2~3日干す(甘味が増す)。
  2. 沸騰した多めのお湯に栗を入れ、40~50分位煮る。
  3. 栗が柔らかくなったら火を止め、お湯を切る。
  4. 蓋をして5~10分蒸らす(皮を柔らかくするため)と出来上がり。
※別の方法として、生栗を数週間、低温保存して甘くする方法もある。この方法は、生産者自身があらかじめ行っている場合もあるようだ。

もっと簡単な食べ方
 破裂しないように、ザラザラしたお尻部分を割るイメージで切れ目を入れ(実に達するまで)、電子レンジ(700W)で2分間または、オーブントースター(180度)で15分間加熱する。

笠間市の栗
 後日、茨城県の笠間市の栗が、NHKの番組で紹介されていた。要約すると、以下の通り。
  • 丹沢という種類の栗は、実が黄色くなって色合いが良い。
  • ポン菓子を作るような圧力釜で焼く「焼き栗」が、シブ皮が取れやすくて、しかも旨い。秋になると、それがここの名物として売られている。
  • イガのまま収穫して機械でむくとキズがつくので、落ちた栗を拾っている。
  • 拾った栗は、1日毎に乾燥が進むので、拾ったらすぐ冷蔵庫に入れるとよい。ここでは0℃で保存している。そうすると、デンプンが糖に変わり、1ヶ月で糖が3倍になる。
  • 桃栗3年というが、本当にちゃんとした栗になるには10年かかるらしい。

渋皮むきが簡単に
 皮のむきやすい栗は、前述の「ぽろたん」に加え、最近「ぽろすけ」というのも開発された。つくば市の農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)によるもの。この2種類はそれぞれ収穫期間が違うので、とっても都合がよいそうな。
©名物に旨いものあり 2009-17rw
投稿へ

栗(茨城)




コメント

茨城・笠間で味わえる“栗いろいろ”

 秋の代表的な味覚の一つ「栗」。茨城県によると、同県は、栗の栽培面積・収穫量ともに全国一(全国の約22%シェア)だという。その茨城県内でも代表的な栗の産地が笠間市。「手間をかけてでも、本当においしい栗を作りたい」という思いから、「貯蔵栗」を開発。栗の糖分を最大限に引き出すため、一定期間0℃前後で冷蔵熟成することにより、糖の含有量が通常の栗の2〜3倍となり、非常に甘みが強い栗になるという。

https://news.biglobe.ne.jp/trend/1005/ovo_181005_9216712119.html

(投稿者 匿名 さん / 2018年10月07日)

冷えには栗。ほっこりなごむ「栗カレー」

茨城県は栽培面積・生産量とも全国第1位を誇る栗の生産地です。磯山商事「栗カレー」(864円)は、かすみがうら市産の「志士庫栗」を使ったカレー。「志士庫栗」は栗を専門とする志士庫園芸農業協同組合によって、有機質肥料と低樹型栽培法などの高い技術で栽培された品質の高い栗です。ひとつひとつていねいに皮をむいて、茨城県産の鶏肉、たまねぎ、にんじんなどの野菜と合わせて仕上げたカレーの主役はなんといっても栗! ごろんと入った3Lサイズ以上の大きな栗は、甘くてホクホク。その味わいをいかすべく、中辛に仕上げたスパイシーなカレールーになじんで、ジャガイモに勝る相性! ピリ辛の中に、栗のほっこり感がなんだかなごむカレーです。

http://www.rurubu.com/news/detail.aspx?ArticleID=3876

(投稿者 匿名 さん / 2016年02月17日)

売個数1,000万個!献上銘菓『千代田の栗』42年ぶりにリニューアル ~ 焼き皮から栗まで“同じ食感”を実現 ~

株式会社久月総本舗(本社:茨城県土浦市、代表取締役社長:横山 和裕、以下 横山)は、大粒の栗を丸ごと入れた献上銘菓『千代田の栗』の累計販売個数1,000万個を記念してリニューアルし販売を開始いたしました。

1974年(昭和49年)、茨城県で行われた国民体育大会の時に昭和天皇が来県され、当時まだ珍しかった栗まんじゅうを献上いたしました。それをきっかけに、江戸幕府260年の将軍の居城江戸城が、別名「千代田城」と呼ばれていたため、本商品を『千代田の栗』と命名。発売以来、地元の人々に42年間愛され続ける久月総本舗の販売実績No.1商品です。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/160209/prl1602091032032-n1.htm

(投稿者 匿名 さん / 2016年02月09日)

1か月に1回ナッツを食べるだけ 死亡率、がん死亡率が下がっていた

イタリア国立神経学研究所の研究者らは、少量のナッツを月に1~2回食べるだけでも全死亡率(あらゆる死因を含めた死亡率)とがん死亡率が低下すると発表した。

研究者らはイタリア在住の成人1万9368人を対象に、地中海食と肥満や疾患の関係を調査している「Moli-sani Study」を利用し、4年間にわたってナッツの摂取量とがんや心血管疾患、脳卒中などによる死亡率の関係を分析した。

http://news.livedoor.com/article/detail/10614223/

(投稿者 匿名 さん / 2015年09月20日)

グリル12分渋皮もペロンとむける焼き栗♪

魚焼きグリルって温度高めですよねっ♪魚焼きグリルが最新版で早いっ!
高温で一気に焼くと、栗の実と渋皮の間に、縮んで隙間ができます。
熱いうちに剥いて♪冷めると剥きにくいです。
栗の種類で剥きぬくいのもあり、その時はスプーンで食べてね(^^ゞ

http://cookpad.com/recipe/282102

(投稿者 匿名 さん / 2014年10月07日)

中国産にも劣らない日本のクリ むきやすさは在来品種が遺伝子持っていた

 秋の味覚、クリ。クリご飯やクリきんとん、マロングラッセなどで親しまれているが、日本原産のニホングリは、「天津甘栗」などの中国グリに比べても、なぜか渋皮がむきにくい。実は、渋皮の“むきやすさ”に関わる遺伝子が存在し、ニホングリもこの遺伝子を隠し持っていたことが、果樹研究所の研究で分かった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131103-00000001-wordleaf-sctch

結局、新品種「ぽろたん」の話だった。

(投稿者 アイムトン さん / 2013年11月03日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。