名物に旨いものあり
長野の名物
栗かの子 を実食
栗かの子
信州小布施栗菓 純 栗かの子
Home > 長野の名物
/ クチコミ
(株)桜井甘精堂
長野県上高井郡小布施町小布施2460-1

名称:生菓子
品名:純栗かの子 大
原材料:栗、砂糖

信州小布施で七代、二百年。栗、砂糖以外は使用しない昔ながらの加工法で作っているそうな。
旨い

栗かの子

(長野)

 長野の特産・小布施栗(おぶせぐり)は、元祖は丹波栗(兵庫)なんだそうであるが、小布の酸性土壌などの特性を活かして長年改良され、現在では丹波栗をしのぐ程になったのだと‥。

 で、その小布施栗を生かして、この地方では栗のお菓子がたくさん作られるようになり、今回の「栗かの子」も、その中から生まれたものである。して「栗かの子」という名前は、あんの中の蜜栗が、鹿の子まだら(鹿皮の模様)に似ていることから、名付られたのだそうな‥。


 その紙箱を開けてみると、なんと中から缶詰が‥。して缶をプシュッと開け、出て来たものは、お菓子というより「こりゃ料理じゃない?」ってな感じのものなのじゃ。で、食べてみると、これはやっぱり「栗きんとん」だよね~と思うもの。そこにはデカイ栗が、栗のあんの中に入っていて、栗あんには渋皮かなと思える茶色っぽい薄い点々も見えていた。

 んー、なんか家庭的な素朴な風味で、食べ始めると止まらない。甘党の自分は、あればあるだけ食べてしまいそう。は~、うまいの~”栗きんとん”は~(って怒られるぞ~、生菓子なんだから‥)。

 と、フタを開けたら早めに食べるように書いてあったが、心配ご無用、全て完食、だよね~。
©名物に旨いものあり , 19rw