名物に旨いものあり

黒酢 を実食
黒酢
黒酢 桷志田(かくいだ)
Home > 鹿児島の名物
/ クチコミ
福山黒酢(株)
鹿児島県霧島市福山町福山2888番地

名称:米酢
品名:桷志田
原材料:玄米、麹、福山町の天然湧水
酸度:4.3% 500ml

黒酢の一般的な飲み方:1日に飲む目安は原液約30ml。飲む時は、水で10~15倍に薄めて飲む。

黒酢

(鹿児島)

 黒酢がダイエットに良いとか、健康に良いとか、血液をサラサラにするとかで、大流行している今日この頃(2004年)。んー、本当に良いのだろうか。よくわからんが、人間の体に良い効果をもたらすというアミノ酸が、この黒酢に多く含まれているそうな。

 一般の米酢と、この黒酢との違いは何なのか。それは米酢は普通の精米を使い、黒酢は玄米を使用することから始まる。それから黒酢は屋外の陶器製の壷に入れ、1年以上かけて発酵させてつくるもの。黒酢杜氏の第一人者、赤池力さんが作ったものを桷志田というそうで、どうも人気を博しているらしい。


 緑色の瓶のフタを開け、中の赤黒い黒酢の匂いをかいでみると、むむっ、これは「ところてん」の匂いじゃないか~。水で薄めて飲んでみても「ところてん」の香りだなー。というか、普通の酢を飲んだことが無いので、違いが分からないのかも。おそらく、黒酢だからといってそんなに癖はなく、少しだけ独特の雑味がある感じかな。まぁ、うまいから飲むという事でもないので、味のことをいうのはやめておこう。

 これは料理には向かなくて、健康飲料用に水割りで摂取する方が良さそうに思えるね。
©名物に旨いものあり 2004-14
投稿へ

黒酢(鹿児島)




コメント

黒酢摂取でマウスの認知症発症抑制 鹿児島大

鹿児島県特産の黒酢をマウスに与え続けたところ、認知症の症状を抑えられた。こんな実験結果を鹿児島大学共同獣医学部(鹿児島市)の叶内宏明准教授(分子栄養学)らの研究グループがまとめた。米オンライン科学誌「PLOS ONE」に4日付で掲載される。

 実験では、10倍濃縮の黒酢を0・25%混ぜ込んだエサを、認知症のマウスに最大24週間与え続けた。その後、直径1メートルの円形の水槽に深さ20センチほど水を張り、マウスを入れて、水面下にある足場を見つけさせる実験を実施。普通のエサを食べたほとんどのマウスがたどりつけなかったが、黒酢入りを食べたマウスにはたどりつけたものが多かったという。

(投稿者 匿名 さん / 2016年03月05日)

やよい軒、黒酢あんでから揚げを絡めた「若鶏と野菜の黒酢あん定食」発売

プレナスは2月2日、「若鶏と野菜の黒酢あん定食」(税込790円)を全国の定食レストラン「やよい軒」店舗で発売する。

同商品は、玉ねぎとにんじん、じゃがいも、ピーマン、若鶏のから揚げを特製の黒酢あんに絡めた定食。特製黒酢あんは、米黒酢と大麦黒酢をブレンドし、コクのあるさわやかな酸味と香りを生み出したという。付け合わせには、豆腐と海藻が入ったサラダを添えた。

(投稿者 匿名 さん / 2016年01月29日)

「つんとこない」酢で鹿児島県V2 福山高校科学部

 酢酸菌の力を使って焼酎を酢に変化させる実験は2年目となる。今年は、酢酸発酵のもとになる種酢を、醸造酢「福山酢」から福山黒酢に変更し、酒かすなどの栄養分を加えなくても、福山黒酢だけで酢酸菌が発生したことから醸造酢との違いに着目。「酢酸菌の培養はタンパク質濃度が重要」と実験で明らかにし、つんとこない新たな酢を完成させた。

(投稿者 匿名 さん / 2015年12月30日)

国が商標保護「鹿児島の壺造り黒酢」

 特定地域のブランド農産品を国が保護する制度「地理的表示(GI)」の登録第1弾として22日、福岡県の「八女伝統本玉露」、鹿児島県霧島市福山町と同市隼人町の「鹿児島の壺(つぼ)造り黒酢」など7品目が選ばれた。

(投稿者 匿名 さん / 2015年12月22日)

黒酢などの黒食は、ポリフェノールの抗酸化作用が免疫力を上げ、アレルギーを抑制するため、花粉症にいいらしいです。

(投稿者 momo さん / 2011年01月28日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。