山梨の名物、ぶどう
巨峰
巨峰
Home > 山梨の名物
JA甲府市
山梨県甲府市上今井町2508-1

収穫期:8月上旬~9月中旬

甲州市勝沼町にある、国宝・ぶどう寺・大善寺の仏像(平安時代前期に建立とされる)は、なんとブドウを一房かかえているのだ。

巨峰

(山梨)

 山梨といえばブドウ、ブドウといえば山梨なのである。その中でも「美味しさ、値段の高さ」を誇るのが、言わずと知れた巨峰(きょほう)ではないか。しっかし、ブドウはキレイで、とっても美味しそうに見える果物だなー。(‥現在では色んな高級品種が現れ、必ずしも巨峰が一番ではない)

 ブドウは冷やすと甘味が落ちるので、食べる直前に冷蔵庫で冷やす程度が良いそうだ。ひと房全体でいうと、下の方が酸味があり、上の根元の方が甘いらしい。また、果皮についた白い粉は果物が出すブルームというもので、鮮度を保つ役割があり、食べても大丈夫なのである。


 巨峰を食べたのは久しぶりである。ジューシーで独特なブドウの香りには、秋の空気が満ち溢れているね。うーん、うまい。皮付近に濃厚な果肉があるので、皮ごと口の中に放り込み、皮をしごいて出す食べ方になってしまう。この巨峰には、種が10個に1~2個ぐらいしか入っていなかった。

 そういえば、ブドウの真ん中の種付近は(昔のは)酸っぱいイメージだったのだが、この巨峰は全てが甘いのである。あとは食べ過ぎると口の中に渋みが残るかなー。毎日食べたいが、懐具合により、そうはいかぬな。

ぶどうシャーベット
後日、一度に食べきれないほどのブドウを買ってしまった。冷凍室で凍らせても悪くないと聞き実行してみると、見た目は少し黒ずみ、割れている部分もあるが、食べてみるとブドウの風味も損なわず、キメが細かくて完成度の高いシャーベットになっていた。おー、これは良いぞ、ベリーグー。(‥でも、解凍したものはダメじゃ~、凍っているうちに食べよ!)

p.s.
 ある日、えらい先生がテレビで語っていた。ブドウは小花柄(しょうかへい:実を支える柄)を少し(1ミリぐらい)残してハサミで切って保存すると、一ヶ月ぐらいは持つそうな。ミソは手でもぐと、小花柄も取れるし実も壊れるので、ハサミで切るということだね。
©名物に旨いものあり 2006-13