名物に旨いものあり

マイセン ヒレかつサンド を実食
まい泉 ヒレかつサンド
まい泉 ヒレかつサンド
Home > 東京の名物
/ クチコミ
井筒まい泉株式会社
東京都渋谷区神宮前4-8-5

名称:調理パン
商品名:ヒレかつサンド
原材料:豚ヒレかつ、パン、とんかつソース、イーストフード、乳化剤、V.C、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、糊料(加工澱粉、カラギナン、アルギン酸エステル)、加工澱粉、着色料(カラメル、カロチノイド)、香料、(原材料の一部に卵、乳成分、小麦、牛肉、大豆、鶏肉、りんご、ゼラチンを含む)

消費期限:当日

保存方法:直射日光・高温多湿を避ける

まい泉 ヒレかつサンド

(東京)

 「とんかつ まい泉」と言えば、東京を中心にその隣県(今では全国的に展開中)でトンカツ弁当やカツサンドなどを販売する、老舗のトンカツ屋なのである。なかでもカツサンドはこの店で作られたのが最初であり、言わずもがな、この店の定番商品として今でも君臨す。また東京駅や上野駅など、都内の主要駅でも駅弁モードで販売され、地元民や旅人の舌を楽しませているのだよね。


 売店にて、そのカツサンドの白箱をみて驚いた。それが絶句するほど箱が小さかったのだ。おおまかに言うと、タバコの箱が2つ分ほど。その迫力から友達には「マッチ箱くらいだよ」と言いふらしたくもなるくらい。まあそれでも買いに来た勢いは止まらず、ちゃんと買って帰ったのだがね。

 うちに帰ってその箱を開けてみれば、カツサンドが3つ、箱にビッシリ、透明なシートに包装され詰められていた。開けてみたら、う~ん、甘いソースの香り。食べてみれば、こりゃ旨い。トンカツのころも部分がサクサクするかと思いきや、そうではなくシットリとしていて、甘い感じのソースとヒレカツとパンが程よく馴染み、絶妙な風味を醸し出す。なるほど、こういうことか。こりゃ人気が出るわけだね~。特徴のある味わいではないが、人々を引きつける魅力があるんだよね。あとは、ヒレ肉がとってもキメが細かく、一度ミンチにして再集成した、そんな感じにも思えた。

 ただ、なんだね~、このスモール感。これ1箱では、昼食には不満足。2個は必要じゃの~。
©名物に旨いものあり 2016
投稿へ

とんかつ まい泉 ヒレかつサンド(東京)




コメント

ランチBOX登場 とんかつまい泉

とんかつまい泉は11月3日、ルミネ新宿店(東京都新宿区西新宿1の1の5ルミネ1地下2階。電話03・3344・0071)をオープンさせる。

 揚げ物のほか、ヒレかつサンドや各種弁当を豊富に取りそろえる。女性に人気のチーズをトッピングしたポケットサンドや、野菜を入れたかわいいランチBOXが新登場する。喫食スペースも併設する。

http://mainichi.jp/articles/20161031/ddm/008/020/031000c

(投稿者 匿名 さん / 2016年11月01日)

とんかつ「まい泉」台湾1号店、台北市であすオープン

捷利国際餐飲グループ(LITCHEN)が代理権を取得した、日本の有名とんかつ店「まい泉(MAiSEN)」の台湾1号店があす(20日)、台北市信義区の新光三越信義新天地・A9館にグランドオープンする。
 
材料の豚肉は鹿児島から空輸したものを使用し、メニュー単価は400~450元(約1317~1482円)と高価格路線。
 
捷利国際餐飲は、12月下旬に新光三越台中店に2号店をオープン予定で、来年には高雄などにも出店を進め、3年間で台湾に20店舗を開設する計画だ。

https://www.digima-news.com/20161019_8247

(投稿者 匿名 さん / 2016年10月20日)

「とんかつまい泉」のメンチかつ&コロッケを挟んだ特製バーガー、紀ノ国屋に降臨!

紀ノ国屋(きのくにや)の各店で、「とんかつまい泉」のメンチかつやコロッケを使った「青山メンチかつバーガー」と「青山コロッケバーガー」が10月14日に発売される(一部の店舗をのぞく)。価格は各360円(税込)。

http://entabe.jp/news/gourmet/13842/kinokuniya-tonkatsu-maisen-collaboration-burger

(投稿者 匿名 さん / 2016年10月14日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。