名物に旨いものあり

まくわうり を実食
まくわうり
金太郎・まくわ(真桑瓜) 優2L
Home > 滋賀の名物
/ クチコミ
JA今津町
滋賀県高島市今津町深清水
(完熟11個入り、クール便)

ちなみに大きさは、S,M,L,2L,3Lまであるうちの2L

販売期間:7月中旬~年8月下旬

マクワウリ

(滋賀)

 昭和のある日、瓜はまだ健在だった。しかし、いつの日か、新しく出てきたプリンスメロンに押され、さっぱり見かけなくなってしまい‥。時が経ち、そのプリンスメロンでさえ、新たな強敵のマスクメロンに押され消えかかっている、今日このごろ。

 そんなある日、NHK大河ドラマで織田信長が瓜を食べる光景を目にし‥。なぜここで瓜が出てくるのだろうと思っていると、日本の瓜は一般的にマクワウリ(真桑瓜)を指すそうで、岐阜県の真桑村(現:本巣市)で上質なウリが取れたことから、マクワウリと呼ばれるようになったそう。なので、信長が活躍した岐阜に深い関わりがあったのだね~。

 このマクワウリ、関西地方では「マッカ」の愛称で呼ばれ、お盆の供え物として欠かせない物の一つであるそうな。でも現在では生産も減少傾向にあり、過去形になりつつあると。

 ‥(なぜか)韓国では現在でも盛んに栽培されていて、そのせいかネット上では韓国産マクワウリが多くを占めていたりで。


 鮮やかな黄色の光を放つマクワウリは、みずみずしくて見るだけで清々しい。匂いをかいでみると、おー、かすかに香るあの瓜の匂い。半分に切り、スプーンですくって食べてみると、意外にしっかりした果肉で、噛むと少しシャキシャキ感のある、ほんのり甘い代物なのである。黄色い皮がかなり薄いので、スプーンに力を入れてほじくると、皮を突き抜けてしまうぞよ。これはリンゴのように、初めから皮をむいて食べた方がよいのかも‥。→実際やってみると、皮に近いところの甘くない果肉が多くなってイカン。

 なるほど現在のマスク系メロンと比べたら、甘さと果肉の厚さ(約1cm)では、とても敵わないものがある。まあ、それでもマンザラ嫌いではないものの、一人一個ぐらい食べないと満足しない甘さかなー。この品質なら売れば売れると思うが、農家からしてみれば値段の高いマスクメロンを作った方が得なのだろう。皮が薄くて流通が難しいのがネックとも‥。
©名物に旨いものあり 2010-17rw
投稿へ

まくわうり(滋賀)




コメント

韓国マクワウリ、国際名称「korean melon」獲得

韓国マクワウリが「メロン類」に正式に分類され、「korean melon」という国際名称を取得した。マクワウリは表面が黄色を帯びているのが特徴で、主に夏によく消費される韓国の果物だ。

韓国食品医薬品安全処はコーデックス(国際食品規格、CODEX)委員会の第48回残留農薬部会で、韓国代表団の積極的な要請により国際食品分類になかった「韓国産マクワウリ」が「メロン類」に分類されて「Korean melon」との国際名称で採択されたと明らかにした。

(投稿者 匿名 さん / 2016年05月05日)

マクワウリもっと知って 岐阜農林高生が「PR列車」企画

 岐阜県本巣市名産のマクワウリを多くの人に知ってもらおうと、岐阜農林高校(本巣郡北方町)の生徒らが、市内を縦断するローカル線の樽見鉄道で列車に乗りながら加工品を食べてもらったり、寸劇で歴史を学んでもらったりする「まくわうり列車」を企画、8月に運行する。原種の栽培農家は一時期、数戸に激減。生徒たちはその魅力に触れてもらおうと張り切っている。
 マクワウリはウリの一種で、真桑村(現本巣市)が発祥とされる。戦国武将織田信長が朝廷に何度も献上したという記録が残る。

(投稿者 匿名 さん / 2015年07月29日)

甘い香り「まくわうりアイス」

 岐阜県本巣市特産の野菜「マクワウリ」を材料にしたアイスクリーム「まくわうりアイス」を、同市に隣接する北方町の岐阜農林高校動物科学科の生徒たちが開発した。

 今春から同市内の道の駅などで販売する予定。

 マクワウリはウリ科で、同市内の真桑地区の特産野菜。甘味の強いメロンに押され、生産が落ち込み、現在、地元の農家が約1トンを栽培している。

(投稿者 アイムトン さん / 2014年01月10日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。