沖縄の名物、万果酥・琉球酥
万果酥・琉球酥
まる:万果酥、角:琉球酥
Home > 沖縄の名物
(株)琉球酥本舗
沖縄県那覇市奥武山町14-5

品名:万果酥
名称:焼菓子
原材料:果実あん(アップルマンゴー)、小麦粉、乳、卵、バター、チーズ、ふくらし粉

品名:琉球酥
名称:焼き菓子
原材料:果実ジャム(パイナップル、冬瓜)、小麦粉、ミルク、卵、砂糖、バター、ふくらし粉

万果酥・琉球酥

(沖縄)

 「万果酥(まんごーすー)を、いつもお土産に買います」とのメールを頂いた。沖縄のお菓子は、とても興味をそそる名前ばかりで、じっとしてはいられない。この「すー」という文字は、酸っぱいイメージを抱くが、いったいどうなんだろうか。

 ‥と思っていたら、酥(すー)は、羊乳、ラード、小麦粉で作ったお菓子のことをいうらしい。台湾にも、これと同じお菓子があるそうだね。


「万果酥」
 一見、クッキーのように見える万果酥を食べてみると、フルーツを乾燥させたネバネバ系ジャムが入っていて、それは原材料からしてアップルマンゴーなのだと思う。大ざっぱにいうと、レーズンバターサンドに、かなり似た味であるね。いや、バター無しのレーズンサンドかなー。

「琉球酥(りゅうきゅうすー)」
 こちらの方は、なんか癖のある味だなーと思ったら、パインの味であった。パインは力があり過ぎるせいか、クッキーの風味があまりしない。察するに、バター系の風味が消されてしまったようにも‥。私は万果酥の方が好きなのだが、家人は琉球酥が好きというのだから不思議だ。

 それにしても、お土産用お菓子って、値が張るものばかりだなー。売れれば儲かるのー。
©名物に旨いものあり 2005-14