佐賀の名物、丸ぼうろ
丸ぼうろ
佐賀名産 丸ぼうろ
Home > 佐賀の名物
/ クチコミ
大坪製菓(株)
佐賀県佐賀市木原3-16-15

名称:焼菓子
品名:丸ぼうろ
原材料:小麦粉、砂糖、鶏卵、ぶどう糖、蜂蜜、水あめ、膨張剤

丸ぼうろ

(佐賀)

 「丸ぼうろ」は、佐賀県を中心にその隣県でも製造販売されているもので、現地ではとてもポピュラーなお菓子なのである。なので「丸ぼうろ」を作るお菓子屋さんが数多くある、今でも愛されるソウルフードなのじゃよ。「丸ぼうろ」は商品によっては「丸芳露」や「丸房露」などと書かれたりするが、マールボロ(たばこ)とは違うので勘違いしないで欲しい。

 ちなみに、丸ぼうろは400年前にポルトガルより伝えられた南蛮菓子で、日本で初めての西洋菓子だ、とも言われている。

 して、これは食べるときに再度オーブンで焼き、バターをつけると、焼き上がりの風味が戻っておいしいのだと‥。


 袋を開け匂いをかいでみると、うん、これはどこかで出会ったことがあるぞ~。で、丸ぼうろ同士がくっ付いて取れにくいところを、無理やり引き剥がし食べてみると、うん?、これは子供のお菓子にあったような気がするな~(甘食というものだったかも~)。中は薄茶色で、色も感触も、パンとカステラの中間のような風合い。外側は甘いシロップを付けて、こんがり焼かれてある。ふむ、やはりカステラが一番近いような感じであるかな~。

 今ではどうってことないお菓子ではあるが、遠い昔にこれを初めて食べた日本人は、とてもカルチャーショックを受けたに違いない。

メモ)
 「丸ぼうろ」は、夏の間は売上が落ちると伝える新聞記事(長崎経済新聞)を見た。「え、なぜなのだ?」と一瞬戸惑ったが、もしかして全てのお菓子は夏に売上が減るのではないか~と。なぜならば、アイスの方に小遣いシェアを奪われているのじゃろと。‥それとも「丸ぼうろ」は夏にベタッとくっ付くところがイヤなのかな~。
©名物に旨いものあり 2005-17rw