北海道の名物、マルセイバターサンド
マルセイバターサンド
マルセイバターサンド
Home > 道東の名物
(株)六花亭
北海道河西郡中礼内村中礼内西3線243-12

名称:菓子
品名:マルセイバターサンド
原材料:砂糖、小麦粉、バター、レーズン、ココアバター、全脂粉乳、卵、アーモンド粉末、ラム酒、ブランデー、食塩、膨張剤、植物レシチン(大豆由来)、香料
マルセイバターサンド (北海道)

 マルセイバターサンド?、なんじゃそれは‥、というのが正直な感想である。バターサンドなら何度か食べたことがあるような気がするが、そのマルセイとは何ぞね。

 それは、北海道の十勝開拓の祖、依田勉三(よだべんぞう)さんが商品化した道産第1号バター、マルセイバターから始まったらしく、その時のラベルを包装紙にしたクッキーが、マルセイバターサンドなのだ。よく見ると包装紙に「○に成」のマークが付いているね。


 なるほど、バターの包みっぽい包装だ。昔のバターは箱ではなくて、バターにこんな銀紙を貼り付けただけで売られていたね。

 開けてみると、厚めのしっとりクッキーが、しっとりレーズン入りの、しっとりバタークリームを挟んである。食べてみると、うん、こりゃ旨い。まるでケーキ屋さんが作った手作りの洋菓子のようである。更には、ラム酒にブランデーも入っている大人の味だ。ブルボンのレーズンサンドと比べると、こちらは手作り感と、しっとり感がある感じかなー。

 こりゃいい。北海道土産なら、ぜひこれを買ってきて欲しいね。
©名物に旨いものあり 2004-14