石川の名物、丸ゆべし
丸ゆべし
丸ゆべし
Home > 石川の名物
(株)柚餅子総本家中浦屋
石川県輪島市河井町わいち4部97番地

名称:餅菓子
品名:丸ゆべし
原材料:砂糖、米粉、水飴、醤油(大豆、小麦を含む)、柚子
丸ゆべし (石川)

 たまたま見かけた、デッカイ柚子のお菓子。なんじゃこりゃ、和菓子好きにはたまらない、とても見逃す訳には行かない、どう見ても、どう考えても、おいしそうなのだ。なぬぅ~、1個1500円もするのかえ~。たまらんのぉ~。

 丸ゆべしは、柚子の中身を取り除き、秘伝の材料と餅米を練って詰め、それを何度も蒸して、約4ヶ月天然乾燥させたという、たいそうなものらしい。なので、年に1回の製造なのだそうな。なるほど高価なわけだね。


 はなはだ立派な箱を開けてみると、包みに入った「丸ゆべし」が一個、デーンと鎮座していた。包みを開けると、すぐに柚子の香りがプーンと漂い、それは強烈に辺りを覆ったのである。ふーむ、何なんだ、この柚子の大きさは!。包丁で切ると、なんとも硬くて切りにくいうえ、高価なので少しずつ削り取るように切ってしまうのである。はやる気持ちを抑えつつ、ゆっくり口に運んでみると、‥、なんと言ったらよいか、硬い柚子を食べているような、そんな感じなのであった。

 これは、甘くはなく、大人の味だ。中の餅も硬くて歯ごたえがある。あまりお菓子っぽくはなく、熟す前の柿のような、どこかへ向っている途中の雰囲気がある。蒸すと製造直後の味に戻り、大変おいしいらしいが‥。食べ方が違うのかなー。

 数日後。この丸ゆべしは細切れになって、夕食のサラダの一部になっていた。(どうもスミマセン)
©名物に旨いものあり 2004-13