福岡の名物、辛子めんたい
辛子明太子
博多の味 辛子めんたい
Home > 福岡の名物
福さ屋(株)
福岡県福岡市博多区博多駅中央街5-14

名称:辛子めんたいこ
原材料名:すけとうだらの卵巣(ロシア又はアメリカ)、食塩、発酵調味料、唐辛子、魚醤、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンC)、ナイアシン、発色剤(亜硫酸Na)、着色料(赤3、赤102、黄5)

賞味期限:冷蔵14日

辛子めんたいこ

(福岡)

 福岡名物・辛子めんたいこは、もともと朝鮮半島の食べ物だったらしい。なので、明太子(めんたいこ)の語源も朝鮮半島にあるそうな。日本で食べられるようになったは、「ふくや」の主人が日本人に合った「辛子めんたいこ」を作ったのが始まりとされている。ちなみに、明太子は「すけとうだらの卵」である。


 包みを開けてみたら、うーん、これはかなり赤い。これは着色料のせいなのか。適当に買ってみたら、これだったが、無着色と書いてあるものを買うべきだったのかなー。

 匂いをかいでみると、(辛子めんたいの)あの独特な匂いだ。ちょっと生臭いような、辛いような‥。二つに切ってみると、中はオレンジ色のプチプチ卵がいっぱいだ。ちょっと食べてみると、舌にザラついた後、すぐに消えて行き、その後に辛味が残る感触。慣れたふりして大胆にかぶりつくと、これがかなり辛い。ふむ、皮の部分が辛いのだなー。好きな人にはたまらないだろうが、私にはちょっと生臭さを感じる逸品だ。やはり焼いて食べることにしよう。

 焼くと違和感無く食べられる。ポリポリ、プチプチと食べると、しょっぱくて辛くて、ご飯(orお酒)が欲しくなる。食べやすくなった分、すぐなくなってしまうね。

 アツアツのご飯に、生の辛子明太子を塗って食べてみても、(生臭さは無く)美味しく食べられた。よ~し。

メモ)
 ある日、とあるホカ弁に入っていたゴロンと房状になった明太子を食べてみたら、これがおいしくて生臭さも無かったのである。え~、どうして~、と思っていたら、日本酒・白ワイン・ブランデー・泡盛などに入れると生臭さが消えるとの情報が‥。おー、次回やってみようぞ。

 ちなみに、「明太子」も「辛子明太子」もまあ同じようなものであるが、「辛子明太子」は’スケトウダラ’を使用したものという規定があり、それ以外のマダラ等を使用したものを「明太子」と呼び分けているみたい。
©名物に旨いものあり 2007-15