佐賀の名物、みかん
佐賀ミカン
あんみつ姫
Home > 佐賀の名物
佐賀農業協同組合 大和中央支所
佐賀県佐賀市大和町大字東山田1955

佐賀みかん


 オレンジ輸入自由化で大騒ぎしてから久しいが、やはり日本人はミカン(温州みかん)に愛着があるようだ。ミカンは、なんといっても皮が薄くて食べやすく、味も繊細で上品である。英語に訳すとオレンジになってしまうのだが、実際は全く別物だと思う。オレンジと訳すのはやめて欲しいね。みかんはmikanなのだから。

 佐賀の名物としてミカンを語ると、ハウスミカンとしては松浦東部農協が単一農協では全国1位の生産量で、県別生産量でも佐賀県産ハウスミカンが昭和61年から18年間、日本一を維持しているという。ちなみにミカン全体では、和歌山、愛媛、静岡が、知名度・出荷量共にミカンの三大産地である。(2004年統計)


 冬のミカンを食べてみると、冷たくて、甘くて、おいしい。やっぱりミカンはジューシーで、喉の渇きをうるおすね。特段、佐賀のミカンが美味しいのかは分からないのだが、冬はミカンの喉越しが気持ち良い。この時季(12月)のミカンは、香りが少し無くなっているのがちょっと残念である。秋に出るちょっと青いミカンは、香りがたまんないんだよねー。

メモ)
 ミカンは、植物の熟成を促すエチレンガスを出すので、保存する場合は、箱や袋から出して、風通しの良い冷暗所に置くことが大切である。冷蔵庫に入れる場合は、エチレンガスの密封と水分保持のため、ラップするか袋に入れるとよい。(‥リンゴも同様じゃ)
©名物に旨いものあり 2004-13