名物に旨いものあり

みしらず柿 を実食
みしらず柿
会津みしらず柿
家庭用訳あり(キズ有り)
Home > 福島の名物
/ クチコミ
いづみ屋 (有)アクツ商事
福島県福島市本内字西慶二1-5

福島県産会津みしらず柿
約5kg

お届け日:11月10日頃~12月上旬

昔ながらの焼酎渋抜きにこだわった酒処会津ならではの柿

みしらず柿

(福島)

 福島県会津地方を旅していると、ビッシリと黄色い実がなった、柿の木をよく目にする。「なんじゃあれは、なり過ぎだろう!」と思わず驚嘆するもの。と、どうやら会津地方には「みしらず柿」という柿があり、それが「身の程知らずに実をならせる」とか、美味しい柿なので「身の程知らずにたくさん食べてしまう」とか、諸説を巻き起こす柿なのである。んー、「身の程知らずに実をならせる」が、見たことがある人なら誰もが納得する説明なのではないかな~。

 実際、この柿をほったらかしにすると、花が咲いたようにビッシリと実をつけるが、商品として出荷する柿は、間引いて大きくしたものであり、ギッシリとならせてはいないもの。見た目、普通の柿なので、全国にある平種柿ではないかと思っていたが、どうやら会津特産の柿と、今のところ分類されているよう。さて、お味は如何に‥。


 とまあ、見た目、普通の柿。で、皮をむいてみると、中も普通の渋柿色(*1)で、ゴマがかすかに点在する感じ。食べてみたら、まあ、特徴的なところはなく、まさしく柿、オーソドックスな柿の味である。たくさん実をつけるから、美味しくないかと思えばそうでもなく、普通に美味しい柿なのであった。ふむ、平種柿に似ているね~、やっぱし。‥種は無し。

*1:よくテレビタレントなどが、柿をオレンジ色などと表現することがあるが、柿は柿色、オレンジ色(みかん色)などと言うのは解せないよね~。と屁理屈を言ってみたところ、ちゃんと柿色という言葉があって、それは熟したときの柿の色を言い、朱赤を表すもの。オレンジ色とは違うもの、だった。なので、今回は渋柿色と‥。
©名物に旨いものあり 2013-18rw