名物に旨いものあり

みしらず柿 を実食
みしらず柿
会津みしらず柿
家庭用訳あり(キズ有り)
Home > 福島の名物
/ クチコミ
いづみ屋 (有)アクツ商事
福島県福島市本内字西慶二1-5

福島県産会津みしらず柿
約5kg

お届け日:11月10日頃~12月上旬

昔ながらの焼酎渋抜きにこだわった酒処会津ならではの柿

みしらず柿

(福島)

 福島県会津地方を旅していると、ビッシリと黄色い実がなった、柿の木をよく目にする。「なんじゃあれは、なり過ぎだろう!」と思わず驚嘆するもの。と、どうやら会津地方には「みしらず柿」という柿があり、それが「身の程知らずに実をならせる」とか、美味しい柿なので「身の程知らずにたくさん食べてしまう」とか、諸説を巻き起こす柿なのである。んー、「身の程知らずに実をならせる」が、見たことがある人なら誰もが納得する説明なのではないかな~。

 実際、この柿をほったらかしにすると、花が咲いたようにビッシリと実をつけるが、商品として出荷する柿は、間引いて大きくしたものであり、ギッシリとならせてはいないもの。見た目、普通の柿なので、全国にある平種柿ではないかと思っていたが、どうやら会津特産の柿と、今のところ分類されているよう。さて、お味は如何に‥。


 とまあ、見た目、普通の柿。で、皮をむいてみると、中も普通の渋柿色(*1)で、ゴマがかすかに点在する感じ。食べてみたら、まあ、特徴的なところはなく、まさしく柿、オーソドックスな柿の味である。たくさん実をつけるから、美味しくないかと思えばそうでもなく、普通に美味しい柿なのであった。ふむ、平種柿に似ているね~、やっぱし。‥種は無し。

*1:よくテレビタレントなどが、柿をオレンジ色などと表現することがあるが、柿は柿色、オレンジ色(みかん色)などと言うのは解せないよね~。と屁理屈を言ってみたところ、ちゃんと柿色という言葉があって、それは熟したときの柿の色を言い、朱赤を表すもの。オレンジ色とは違うもの、だった。なので、今回は渋柿色と‥。
©名物に旨いものあり 2013-18rw
投稿へ

みしらず柿(福島)




コメント

初代グランプリに「会津みしらず柿のジャム」

 県産農林水産物を活用した6次化商品の商品力向上や販路拡大を目的に、県が本年度創設した共通ブランド「ふくしま満天堂」のグランプリを決める最終審査は21日、福島市で行われ、東栄産業(郡山市)の「会津みしらず柿のジャム」が初代グランプリに輝いた。

(投稿者 匿名 さん / 2018年02月23日)

会津身不知柿...ピンチ 降雪で凍害深刻「ほとんど収穫できない」

 会津若松市や会津美里町などで生産され、皇室にも献上されるなど全国的に知られる会津特産の「会津身不知(みしらず)柿」が、今月11、12の両日に降った雪によって凍害を受け、深刻な状態となっていることが25日、JA会津よつばなどへの取材で分かった。同市の生産者男性(64)は「今年はほとんど収穫できない」と不安を募らせている。

(投稿者 匿名 さん / 2016年04月26日)

よみがえれ天王柿 美里で今秋出荷再開へ

 天王柿は高田地域の農家約30戸でつくる会津高田天王柿生産組合が栽培している。県内唯一の産地だ。渋味が強く食用に適さないため、防水加工などに使う柿渋の原料として京都府の製造業者「三桝嘉七(みますかしち)商店」に全量出荷していた。会津身不知(みしらず)柿で知られるように柿栽培の技術が高い会津産は質が良いと評判だった。

(投稿者 匿名 さん / 2016年02月22日)

皇室献上 身不知柿の箱詰め

皇室に献上する会津地方特産の柿、「会津身不知柿」の箱詰め作業が福島県会津若松市で行われました。
「会津身不知柿」は、「身のほどを知らずに枝が折れるほど多くの実をつける」ことからその名がついたと言われる会津地方特産の柿で、種がないため食べやすく渋抜きしたあとのとろりとした自然の甘さが特徴です。
昭和3年から戦時中を除いて毎年、皇室に贈られていて、17日は福島県の職員や地元の生産者などが会津若松市門田町の集会所に集まって箱詰め作業が行われました。

(投稿者 匿名 さん / 2014年11月17日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。