名物に旨いものあり

三輪そうめん を実食
三輪そうめん
伝統手延べ 三輪そうめん
Home > 奈良の名物
/ クチコミ
奈良三輪たつみ謹製
巽製粉(株)
奈良県桜井市粟殿789-1

名称:手延べそうめん
原材料名:小麦粉、食塩、食用棉実油

賞味期限:だいたい製造後3年

調理:梅干しと一緒に茹でる(クエン酸効果で麺にコシがでるそう)

三輪そうめん

(奈良)

 素麺(そうめん)の発祥地とされる三輪地方(奈良県桜井市三輪)の素麺を、三輪そうめんという。この単純そうな素麺は、実は意外と奥が深く、でき上がった素麺は、これがなんと年(梅雨)を越えるごとに旨くなるのだという。ちなみに、2度年を越したものを古物(ひねもの)、3度年を越すと大古物(おおひねもの)というそうな‥。

 今回買った三輪そうめんは、なぜか製造年月日が書いていないのだが、賞味期限が再来年の9月になっていたので、今年作ったのだろうと‥。ということは、来年までとっておけば、古物になるのかな~。いや、一般家庭のホッタラカシでは、古物にはならんだろう、たぶん。→実のところ、湿気の少ない涼しい場所に保管すればよいそうで、でも冷蔵庫は匂いを吸収するのでダメらしい。→いや、ちゃんとパックして密封すればよいんじゃな~い。


 角ばった乾麺を茹でると、白く透き通った風合いの、丸い断面の茹で素麺に変身した。そのまま麺だけ一本食べてみても、マンザラ悪くは無く、これを麺つゆにつけて食べると、う、うまい。やはり麺が細い分、つゆが絡みつくのだね~。それは麺と麺の間に空間ができて、そこにつゆが潜り込んでいる感じ。麺が白いのでよ~く見えるのよ~。

 あ、製造時に、麺と麺がくっ付かないように使用したという油分が、全く感じられないのが不思議。どこかへ消えてしまったようだね~。‥後で分かるくらいは使わないってば!
©名物に旨いものあり 2007-18rw
投稿へ

三輪そうめん(奈良)




コメント

全粒粉素麺に審査員特別賞 - むらおこし特産品コンテスト

 平成29年度「むらおこし特産品コンテスト」(全国商工会連合会主催)の審査が東京都で行われ、県からは、和カフェ「布穀薗」(斑鳩町)と三輪素麺(そうめん)製造元「中垣製麺所」(山添村)が共同開発した、全粒粉入り素麺「ベル・ブラン」が審査員特別賞を受賞した。

 同コンテストは特産品の普及、販路開拓の支援を目的に企画。本年度は92品目(食品74、非食品18)の応募があった。審査は学識経験者らでつくる審査委員会が郷土色、市場性、将来性などの視点で実施。経済産業大臣賞など4賞計14点の受賞作品を選んだ…

http://www.nara-np.co.jp/20171205092131.html

(投稿者 匿名 さん / 2017年12月05日)

2品目追加認定 - 戎春雨と三輪素麺/大和さくらいブランド

 桜井市は、市の地域ブランド「大和さくらいブランド」に、奈良食品(森下晃社長)の「戎(えびす)春雨」と、県三輪素麺(そうめん)工業協同組合(池側義嗣理事長)・県三輪素麺販売協議会(池田利一会長)の「三輪素麺」の2品を追加認定した。22日に市役所で認定書交付を行った。

http://www.nara-np.co.jp/20160624095541.html

(投稿者 匿名 さん / 2016年06月24日)

「三輪素麺」をブランド地理的表示に追加 12品目

 農林水産省は29日、地域の農林水産物のブランドを国が保護する地理的表示(GI)に奈良県の「三輪素麺(そうめん)」を登録したと発表した。奈良時代に生産が始まり、コシが強く、のびにくいなどの特徴が評価された。GIは昨年12月に登録を開始。これまで夕張メロンなどが認定されており、今回で12品目の登録となる。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS28H3W_Z20C16A3EAF000/

(投稿者 匿名 さん / 2016年03月29日)

三輪素麺「日本遺産に」

 桜井、天理両市は29日、文化庁の日本遺産に、「日本麺食文化のルーツ 三輪素麺そうめん」を共同で申請したと発表した。大神おおみわ神社(桜井市)や「日本最古の道」と称される山の辺の道など古代史の舞台と、伝統の食文化を結びつけ、歩いて楽しめる地域性をアピールする考えだ。

(投稿者 匿名 さん / 2016年03月01日)

三輪そうめん、今年は「安値」 神前のくじで決定

 三輪の特産品「三輪そうめん」の今年の卸値を決める卜定祭(ぼくじょうさい)が5日、桜井市三輪の大神神社であり、そうめん製造業者や販売業者らが参加した。今年の卸値は「安値」の18キロあたり1万500円に決まった。

 三輪そうめんは奈良時代に大飢饉(ききん)から人々を救うため、三輪の大神のお告げで作られたとされることから、毎年神前で卸値を決めている。その年の原料などの価格にあわせた中値と、増減100円の高値、安値を設定している。巫女(みこ)の舞などの後、稲熊真彦権宮司が安値のくじを引き当てた。

(投稿者 カムラオ さん / 2011年02月07日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。