栃木の名物、たまきの最中
たまきの最中
たまきの最中
Home > 栃木の名物
/ クチコミ
器と工芸品 たまき
栃木県宇都宮市清住1-3-49

品名:最中
原材料:氷砂糖、小豆、もち米、和三盆、水飴、寒天、塩、発酵小麦

賞味期限:1週間
80Kカロリー/個

たまきの最中

(栃木)

 とちぎ県産品センター・売れ筋ランキング、レモン牛乳の次の第4位(2012年)。思わず買ってしまった、和菓子好きダボハゼ、この自分。これは宇都宮の郷土玩具、黄ぶな(郷土では無病息災のシンボル)をモチーフにして作られた最中なのである。

 いやそれが意外と、できて新しいお菓子で、しかもお店のご主人、(器と工芸品が専門で)菓子作り未経験、日々精進の最中(もなか)なのだとか。なぬ~、ちゃっかりと最中の原型は意匠登録済み。


 意表を突くちんまりとした小箱に入った最中は、マッチ箱ぐらいの大きさのカワイイ鮒形だ。中は小豆のツブツブの分かるつぶあんなのだナ。うん、ちゃんと普通にできていて、普通においしい最中である。ちっちゃいので4つぐらいすぐペロリ。二匹で普通の最中一個分ぐらいかなー。新しいお菓子なのに、現代に似合わず、結構甘いのさ。

 この菓子箱に、表紙絵のような黄ぶなの張子も入っていたら、うちのみな(宇都宮)よろこブナ!。
©名物に旨いものあり 2012-14