福岡の名物、無法松弁当
無法松弁当
無法松弁当(北九州 小倉駅)
Home > 福岡の名物
北九州駅弁当(株)
福岡県北九州市小倉北区下富野3丁目11-6

名称:弁当
品名:おこわ無法松弁当
原材料:おこわ(米、餅米、銀杏、その他)、鰆味噌焼、焼鳥、筍煮、椎茸煮、子持いか、高野豆腐、栗甘露煮、酢牛蒡、キャラ蕗、蕗煮、花麩、蒲鉾、奈良漬、保存料(ポリリジン、ソルビン酸K、白子蛋白)、着色料(赤3、赤102、赤106、青1、カラメル、パプリカ色素、銅葉緑素、クチナシ)、甘味料(甘草、ステビア)、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(V.C)、グリシン、酢酸Na、酸味料、乳酸Ca、リン酸塩(Na)、ソルビット、(原材料の一部に小麦、卵、大豆、さけ、さばを含む)
無法松弁当 (福岡)

 とある駅弁大会で入手した「無法松弁当」。これは鹿児島本線・小倉駅(北九州市)の名物駅弁であるそうな。北九州市の小倉とくれば、「無法松」の富島松五郎、戦前の名画「無法松の一生」の主人公だ。まあ有名な話であるが、今の若い人達は知らない人が多いのだろう。私も名前は知っているが、内容はよく知らない‥。

 いつからか倫理観も変わってしまい、この話のテレビ放送や映画も無くなって久しいのである。


 フタを開けてみると、そんなに豪華ではないが、色んなオカズが乗せられ、見た目良し。目についた珍しい子持ちイカを食べてみると、カマボコのようなタンパクな味だが意外と旨い。全体的に煮物系のマイルドな味わいであるが、ちょこんと添えられた奈良漬がアクセントになっているね。鳥と魚はちょっと硬めで、私にはイマイチのように思えるが、他のものは全て旨し。ご飯は銀杏と黒いキクラゲを混ぜたオコワになっていた。

 んー、まあ、一般の弁当だといえるかも知れないね。
©名物に旨いものあり 2005-14