青森・岩手の名物、南部せんべい
南部煎餅
南部せんべい 落花生
Home > 青森の名物
/ クチコミ
(株)小松製菓
岩手県二戸市石切所字前田41-1

原材料:小麦粉、落花生、砂糖、食塩、膨張剤(炭酸水素ナトリウム)

南部せんべい

(青森・岩手)

 「南部せんべい」は、昔からの人気の煎餅。私の小さい頃は、近所のお爺ちゃんが一斗缶(いっとかん)から「南部せんべい」を取り出して、おやつに食べていた。煎餅は湿気に弱いので、しっかりとフタのできる缶に入って売られていたのだ。ゴマとピーナッツが主流だったが、最近では他にも色々あるようだね。

 蛇足かもしれないが、「南部せんべい」とは岩手県~青森県に跨がる南部地方(昔の南部藩)の煎餅のことである。岩手県の南部地方といっても、岩手の南の地方のことではないので、注意が必要だ。


 一見そんなに旨そうに見えないのだが、これが食べてみると香ばしくて結構イケルのだ。薄いせんべいだが、ピーナッツが丸ごと入っていて、魔力のように人を惹きつけるぞな。甘いわけではなく、この独特な風味と歯ごたえが何とも言えない。ピーナッツの薄皮まで入っている不思議なせんべいなのだよね。うーん、やめられない。

 せんべいの耳を最初に食べて、それから本体に取りかかる。子供の頃はよくやった食べ方だ(今でもやってしまう)。全部食べきれないので、缶に入れてしまっておこうっと。‥ちなみに、写真では分からないかもしれないが、表と裏にメーカー固有の絵や文字が書いてある。

つづき)
 数年後、知り合いから南部せんべいを頂いた。見ると何やら色んな種類の南部せんべいが入っていたのだ。納豆やらイカやら、邪道と思われるものまで‥。色々食べてみたが、やっぱり昔からのピーナッツが一番旨くて安心できる味だべー。

 ‥最近では「八戸せんべい汁」がB級グルメでフィーバー(古い)しているとか。
©名物に旨いものあり 2004-14