名物に旨いものあり
長野の名物
野沢菜漬 を実食
野沢菜漬
手塩にかけた野沢菜漬
天日塩二度仕込み
Home > 長野の名物
/ クチコミ
(株)やまへい
長野県小諸市小原甲1199

名称:野沢菜しょうゆ漬
原材料:のざわな、漬け原材料(しょうゆ、食塩、還元澱粉分解物)、調味料(アミノ酸等)、酸味料、酒精、キトサン、(原材料の一部に小麦、大豆、かにを含む)

賞味期限:1週間ほどだった

野沢菜は10月下旬~11月下旬に収穫され、その後漬けられ、浅漬~本漬けと3月頃まで食べられる。
旨い

野沢菜漬

(長野)

 野沢菜漬はいうまでもなく、いまや全国で食べられている漬物である。たぶん、多くの人が一度は食べたことがあるのではないかな~。で、今回は「本場の野沢菜漬なら、もしかして違いがあったりするのでは‥」などと思い込み、実食へ。

 ちなみに、野沢菜の原型は蕪で、野沢温泉の気候や風土にもまれて次第に蕪が小さくなり、葉や茎の大きな野沢菜に変化したものだという。野沢菜漬は0~5℃の低温で乳酸発酵させ、べっこう色に漬けたものを本漬というそうで、私達がいつも食べている青色のものは、浅漬けの方なのである。まあ今の時代は、塩分少なめの浅漬けの方がどうしても好まれて‥。


 さて、その青々しい野沢菜漬を食べてみると、ふむ、やっぱり野沢菜漬のいつもの味だ。また、本場の野沢菜漬は、茎が大きいような気がするね~。これは単品で食べるとそうでもないが、ご飯と一緒に食べると実に旨い。なぜだかご飯がおいしく感じ、食が進むのだ。こりゃお茶漬けにも合いそうであるね~。

 まあ、あとは皆さんご存知の通り。それでもまあ、最近はそんなに見かけなくもなり‥、あと、旬もあるしね~。

メモ)
 本漬である「べっこう色の野沢菜漬」(酸っぱい)は、寒冷地で製造・保存する必要があるため、現地に行かないと食べられない。で、現地ではこの本漬けが好まれ、各家庭で漬けられ、野沢菜温泉が本場とされている。
©名物に旨いものあり , 19rw