名物に旨いものあり

野沢菜漬 を実食
野沢菜漬
手塩にかけた野沢菜漬
天日塩二度仕込み
Home > 長野の名物
/ クチコミ
(株)やまへい
長野県小諸市小原甲1199

名称:野沢菜しょうゆ漬
原材料:のざわな、漬け原材料(しょうゆ、食塩、還元澱粉分解物)、調味料(アミノ酸等)、酸味料、酒精、キトサン、(原材料の一部に小麦、大豆、かにを含む)

賞味期限:1週間ほどだった

野沢菜は10月下旬~11月下旬に収穫され、野沢菜漬けとなる

野沢菜漬

(長野)

 野沢菜漬はいうまでもなく、いまや全国で食べられている漬物である。たぶん、多くの人が一度は食べたことがあるのではないかなー。今回は「本場の野沢菜漬なら、もしかして違いがあったりするのでは‥」などと思い込み、実食へと。

 野沢菜の原型は蕪(かぶ)で、野沢温泉の気候や風土にもまれて次第に蕪が小さくなり、葉や茎の大きな野沢菜に変化したものだという。野沢菜漬は0~5℃で乳酸発酵させ、べっこう色に漬けたものを本漬というそうで、私達がいつも食べている青色のものは、浅漬けの方なのだ。


 青々しい野沢菜漬を食べてみると、やっぱり野沢菜漬のいつもの味だ。また、本場の野沢菜漬は、茎が大きいような気がするね。これは単品で食べるとそうでもないが、ご飯と一緒に食べると実に旨い。なぜだかご飯がおいしく感じ、食が進むのだ。こりゃお茶漬けにも合いそうであるね~。

メモ)
 ちなみに、本漬である「べっこう色の野沢菜漬」は、寒冷地で製造・保存する必要があるため(すぐ酸っぱくなる)、現地に行かないと食べられないそうだ。
©名物に旨いものあり 2004-14
投稿へ

野沢菜漬(長野)




コメント

野沢菜で免疫力アップ 信大助教がマウスで確認

 信州大農学部(上伊那郡南箕輪村)の田中沙智(さち)助教(食品免疫機能学)が、野沢菜に免疫力を高める効果があることをマウスの実験で明らかにした。野沢菜の抽出物を、マウスから取り出した臓器の細胞に投与したり、口から摂取させたりする実験で確認した。同学部によると、野沢菜による免疫への作用が科学的に明らかになったのは初めて。人が食べた場合にも効果が出るか研究中で、「長寿県・信州」の郷土食として親しまれる野沢菜の健康効果の解明が期待される。

(投稿者 匿名 さん / 2018年01月01日)

ゲレ食」1位は「Hakuba47」の野沢菜ピザ

 長野県内スキー場の飲食店が提供する料理のコンテスト「第3回ゲレ食バトル」(県索道事業者協議会主催)の結果発表会が26日、北安曇郡白馬村のスキー場「Hakuba47」で開かれた。29スキー場の計63品が参加し、期間中に利用客が投票した結果、同スキー場のレストラン「ルイス」の野沢菜ピザが1位に選ばれた。

(投稿者 匿名 さん / 2016年02月27日)

晩秋の風物詩 野沢温泉「外湯」でお菜洗い盛ん

 野沢温泉村の共同浴場「外湯」で野沢菜のお菜洗いが盛んだ。雪が降る前に野沢菜を収穫して漬物にする同村の晩秋の風物詩。6日も民宿のおかみや地元の主婦が、収穫したばかりの野沢菜を丹念にお湯に浸していた。

(投稿者 アイムトン さん / 2013年11月07日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。