名物に旨いものあり

鬼瓦もなか を実食
鬼瓦最中
鬼瓦もなか
Home > 福岡の名物
/ クチコミ
天山
福岡県太宰府市宰府2丁目7-12

名称:和生菓子
品名:鬼瓦もなか
原材料名:小豆、寒天、砂糖、餅米

黒あん、白あんがある

鬼瓦もなか

(福岡)

 大宰府名物「鬼瓦もなか」は、大宰府政庁跡から出てきた鬼瓦をまねて作った最中だという。まあ、俗に言う縁起物・厄除けのお菓子なのだろうと‥。

 ちなみに、鬼瓦は、瓦屋根の角を飾るあの瓦の事をいうそうで、必ずしも鬼の形をしているからという訳ではないようだ。あらためて鬼瓦と聞くと、神社・仏閣、はたまたどこかの瓦屋根の豪邸に行き、じっくりと見てみたくなっちゃったよね~。

 ‥話変わって、最中は日本の和菓子で、皮はもち米の粉を練って薄く延ばし両面から焼いたもの。その両面から焼くことで、この「ふわっと」感が出るらしい。それにしても、風に乗って飛んで行きそうなこの最中の皮、不思議なお菓子であるよね~。


 セッケンよりひと回り小さいくらいの「鬼瓦もなか」は、まあそれしか無いだろうとも言える、鬼の面の形になっていた。しかし残念なことに、運送中のショックで鬼の面のデコボコが、幾分凹み気味。ふと横から見ると、最中の皮で中のアンコをすっぽりと包むのではなく、皮で挟んでいるだけのようなのである。で、食べてみると、やっぱりこれは最中である。それしか言いようがない‥。

 なぜ? 最中はうまい。この皮と中のあんこの絶妙なバランス、それと甘さ控えめ、素晴らしい日本の和菓子ここにあり。‥原料が「あんこ餅」とほぼ同じなんだけど、よくぞここまで変化・進化したものだ。まあ最中の独特の風味は、どの最中も同じだが、この「鬼瓦もなか」は皮が特に美味しいように思えるね~。よーし、今年の厄除け完了‥。
©名物に旨いものあり 2007-18rw
投稿へ

鬼瓦もなか(福岡)




コメント

あの看板猫に会える! 鬼瓦の伝統を受け継ぐ"猫もなか"は福岡土産の新定番!?

商品を製造・販売しているのは、福岡県太宰府市ならびに同朝倉郡に店舗を構える、大宰府参道「天山」。大宰府政庁跡より出土した「鬼瓦」を模して作った最中「鬼瓦もなか」「鬼瓦アイスもなか」で、モンドセレクション銀賞や全国菓子大博覧会最高賞「名誉総裁賞」を受賞したこともある和菓子店だ。

その筆頭ともいえるのが、福岡発の「スコティッシュもなかちゃん」シリーズ。

http://news.mynavi.jp/articles/2016/02/14/nekomonaka/

(投稿者 匿名 さん / 2016年02月14日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。