千葉の名物、オランダ家
オランダ家
落花生パイ、落花生最中
Home > 千葉の名物
(株)オランダ家
千葉県千葉市美浜区新港208

品名:落花生パイ
原材料:小麦粉、バター、大手芒(白いんげん)、砂糖、落花生、小豆、水飴、卵黄、塩

品名:落花生最中(落花生あん)
原材料:砂糖、大手芒(白いんげん)、落花生、餅米、寒天

品名:落花生最中(小倉つぶあん)
原材料:砂糖、小豆、澱粉、餅米、寒天、トレハロース
オランダ家のお菓子 (千葉)

 千葉のお菓子屋といえば、千葉県内に50店舗をかまえるオランダ家。通常は看板商品が前面に出るところ、店名のオランダ家が幅を利かせる、洋菓子・和菓子・色んなお菓子を作る総合お菓子店なのである。中でも地元千葉特産の落花生を活かした「楽花生パイ、楽花生最中」が人気だというので、とりあえず頂こう。

 ちなみに、オランダ家の店名は「オランダ大使館から許可を得た」ものだとか。


「落花生パイ」
 こんがりキツネ色のパイは、油分の多い、パイらしいパイ。中はかすかに小豆色の部分もまだらにある、白っぽいあんが入っていた。私の記憶の中をたどると、(福島)エキソンパイがおいでなすったゾナ。

「落花生最中」
 でっかい落花生型の最中(落花生あん)は、食べてみると、かなり甘いが悪くはない感じ。中身はピーナッツではなくインゲン豆にも思える、おいしいあんなのである(実際、原材料には白いんげんと‥)。つぶつぶ小豆あんの方は、小豆の香りが程よく漂い、甘さのインパクトが半端ではない昔タイプな最中だ。うーん、久しぶりに出会った力強い甘さ。箱の表書きにある「房総郷土菓」に、親しみを込めて「頑固な」の一言を付け加えたい気分なのよね。
©名物に旨いものあり 2012-13