台湾の名物、パイナップルケーキ
パイナップルケーキ
パイナップル・ケーキ
Home > 番外編
/ クチコミ
メーカー:新東陽
原産国:台湾

名称:パイナップルケーキ(鳳梨酥)
原材料:砂糖、小麦粉、パイナップルペースト、食用油脂(大豆を含む)、パイナップル果汁、バター、脱脂粉乳、卵、香料

賞味期限:届いた時点で5ヶ月強

パイナップルケーキ

(台湾)

 台湾の定番お菓子にパイナップル・ケーキなるものがあり、それがオイシイと聞く。パイナップル・ケーキは、台湾では鳳梨酥(フォンリイスー)と呼ばれるお菓子で、パイナップル・ジャムとバターを練った餡をクッキー生地で包んで焼いたもの。台湾のあちこち、デパートからコンビニ、お菓子専門店まで、身近なところから高級店まで幅広い場所で売られている。またそれぞれに味が違い、最近ではパイナップルの域からハミ出しそうな、かなり個性的なものまで売られているそうな。発祥は60年ほど前の台中のお菓子屋さんらしいね。

 そういえば、前に食べた沖縄の「琉球酥(りゅうきゅうすー)」に、そっくりじゃの~。


 中がスケスケに見えるパッケージ(昔の日本に多くあったような)に閉口しながら開けてみると、中からお出ましになったのは四角い肌色のカタマリ。いや、見た目よりなんか重いぞ。(‥中を見せる手法は、最近多く来日する中国人観光客を意識してか、日本の観光地のお土産屋でも多く見られるようになった。これは中国人観光客が勝手に包装を開けてしまうためだ。中国では商品は裏に置いてあり、表に出してあるものはサンプル品であり、好きなように見てよいのだという)

 その四角いパイナップル・ケーキの匂いを嗅いでみると、甘いクリーム系の香りが強烈に漂ってきた。半分に切ってみると、中は透き通った感じのジャムがつまっていて、食べてみると「おう、これはおいしいクッキー」じゃな。この商品の特徴なのか、パインの香りはあまりせず、ジャムもクッキーの一部のようにすんなり溶け込み、素朴で柔らかく、優しいクッキーの味がした。最初は「なんだ、クッキーか!」と思ったが、食べるにつれ好きになっていった。
©名物に旨いものあり 2013