静岡の名物、ビー玉ラムネ
ラムネラムネ瓶
元祖・ビー玉ラムネ(ガラス瓶)
Home > 静岡の名物
木村飲料(株)
静岡県島田市宮川町2429

名称:炭酸飲料
原材料:果糖ぶどう糖液糖、酸味料、香料、乳酸カルシウム

元祖ビー玉ラムネ

(静岡)

 ラムネは、北海道から九州まで、各地のメーカーがそれぞれのラムネを製造販売しているもの。なんとその数、数十社。コーラにおされて一旦すたれたかに見えたが、なんのその、細々ながらも元気に生き延びているのであるね。

 ラムネとは、レモネード(炭酸レモン水)の訛った名称で、元々は外国(オランダともアメリカのペリー提督とも)から伝わり、途中から(明治20年輸入)ビー玉の入ったラムネ瓶になったようである。日本では大阪の徳永硝子が、最初のラムネ瓶を作ったそうで、実のところ今回実飲するこの「元祖ビー玉ラムネ」の’元祖’の部分は確かではない。えー、まー。名前は自由であるからして。

 工場での作り方(フタの閉め方):ソーダ水を普通に上から入れ、ひょいっと、ひっくり返してでき上がり。後は炭酸の力でビー玉がグイグイッと閉まっちゃう。ちなみに、中に入っているのは精巧なA級玉であるが、精巧で無いB級玉が世の中で存在感を示してしまったことから、それらをひっくるめてビー玉と呼ばれるようになったのだと‥。


 2007年モンドセレクションで最高金賞を受賞したというので、この木村飲料の元祖ビー玉ラムネを飲んでみることに‥。

 添付のプラスチック器具で玉を押すと、ポン、カラカラッ、と軽やかな音がした。プラスチックで覆われた口から飲んでみると、うん、これこれ、この味だ。早い話がサイダーである。思いっきり傾けると、ビー玉がまた栓に戻ったりして面白い、いや、じれったい。瓶は小さいように見えるが、実際はコーラと変わらない量(200ml)なんだよね。

 瓶はよく見ると、飲むときにビー玉が落ちてこないような仕掛けがあったり、なかなか凝った瓶なのである。すばらしや、この瓶。エライ。

 ここの商品の中にはペットボトル・ラムネ瓶(250ml)もあり、こちらは中のビー玉が簡単に取れるようになっていた。味は、「わさび、杏仁、カレー」と色々。好き嫌いは人それぞれアルヨ。

メモ)
 なんと、ラムネは俳句の(ちゃんとした)夏の季語なのだと。んー、意外にラムネは突っ込みどころが多くて、奥行きがあるかもね~。
©名物に旨いものあり 2008-14