名物に旨いものあり

六花亭チョコ を実食
六花亭チョコレート
六花亭 Baby Chocorate MIX
Home > 道東の名物
/ クチコミ
六花亭製菓(株)
北海道帯広市西24条北1丁目3-19

名称:チョコレート(ミックス:ホワイト、モカホワイト、クリーム、抹茶)
原材料:砂糖、ココアバター、全脂粉乳、カカオマス、抹茶、コーヒー、バニラビーンズ、植物レシチン(大豆由来)、香料

六花亭のチョコ

(北海道)

 北海道といえば、旅してこそ分かる酪農の地。そこには言わずもがな、ホワイトチョコレートあり。で、ホワイトチョコといえば、まずは六花亭を思い出すね~。して、六花亭のチョコは、なんというかデザインが面白い。パッケージがとてもカワイクて、北海道に行ったらお土産に買いたくなってしまうものなのよ~。そういえば、同じメーカーのマルセイバターサンドも有名なんだけどね~。


 明るい雰囲気の円すい型の紙箱を開けてみると、中にはキャラメルのように包まれたチョコが数種類。あれ、箱を開ける前の期待感が、なんかしぼんでしまって‥。んー、外箱とのギャプが、案外ありや~。あ、その包んである透明ビニールを、もうちょっと派手にすれば、いんじゃな~いなどと‥。

 ホワイト:む、これはまさにホワイトチョコだ。なんか上品で、癖の無い、おいしいホワイトチョコである。

 モカホワイト:口に入れた瞬間にコーヒーの香りがした。どこかで食べたような味だが、今は思い出せない。

 クリーム:たぶん普通の茶色のチョコがこれだと思う。あまり特徴の無い、さっぱりしたチョコであるね~。

 抹茶:ホワイトチョコをベースに、抹茶を加えたふうなもの。これは少し無理があるような、そんな感じに思えた。

 ‥いや、色々楽しもうってことなのだろう。
©名物に旨いものあり 2004-18rw
投稿へ

六花亭(北海道)




コメント

六花亭製菓より2日早かった「そだねー」の出願

2018年3月27日 7時19分 読売新聞
 平昌ピョンチャン五輪のカーリング女子日本代表「LS北見」(北海道北見市)の選手たちが口にした「そだねー」について、北見工業大生活協同組合(同)が同大職員の名義で、北海道帯広市の菓子メーカー「六花亭ろっかてい製菓」よりも2日早い2月27日に商標登録を特許庁に届け出ていたことがわかった。

 現在、出願者を同生協へ変更中という。

http://news.livedoor.com/article/detail/14489777/

(投稿者 匿名 さん / 2018年03月27日)

「そだねー」あの会社が商標出願していたことが判明

独立行政法人工業所有権情報・研修館の特許情報プラットフォームによると、商標登録の出願日は3月1日。女子カーリング日本代表が銅メダルを獲得した2月24日からわずか5日後のことだった。「そだね-」の商標を使う商品の区分は「菓子及びパン」となっている。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/03/21/sodane-registeredtrademark_a_23391141/

(投稿者 匿名 さん / 2018年03月23日)

北海道「六花亭」スイーツが可憐な文具に

白地に北海道ゆかりの野草や花が描かれている、おなじみ「六花亭」のパッケージ。この“六花のつゆ”をベースにしたステーショナリーがネットなどで「かわいすぎる~!」と今、話題に。

マルセイバターサンドやストロベリーチョコホワイトが有名な、北海道の菓子メーカー。六花のつゆをベースとしたパッケージと同柄のステーショナリーが人気上昇中。花柄マスキングテープ¥351、ボールペン¥ 250/六花亭製菓

http://news.walkerplus.com/article/84870/

(投稿者 匿名 さん / 2016年08月29日)

空港などで買える乾きもの(いちごチョコとかあのたぐい)は割高な気がしますが、そのぶん地元客に還元しているのでは…と思うのは、直営店でのお菓子の安さ。シュークリーム1個60円とか。日持ちはしませんけれど、行く価値はあると思います。

(投稿者 i子 さん / 2005年06月28日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。