名物に旨いものあり

旅行の友 を実食
ワッフル
旅行の友 こざかなふりかけ
Home > 広島の名物
/ クチコミ
田中食品(株)
広島県広島市西区東観音町3-22

名称:ふりかけ(旅行の友)
原材料:小魚魚粉(鯖を含む)、砂糖、ごま、醤油、食塩、のり、小麦粉、でん粉、ぶどう糖、鶏卵粉末、米油、大豆蛋白、豚エキス、鶏エキス、蛋白加水分解物、乳清Ca(乳成分を含む)、煮干エキス、オニオン、デキストリン、調味料(アミノ酸等)、着色料(ウコン、カロチノイド、紅麹)、膨張剤

賞味期限:届いた時点で約10ヶ月弱

旅行の友

(広島)

 広島近辺では誰もが知っている定番の”ふりかけ”「旅行の友」。あるとき、テレビを見て知った。それはなんとも、たいそうな名前なのである。メーカーのHPを見てみれば、その”ふりかけ”の長い由来が書かれてあり、その手書きで縦書きの細かい文字を読むのに少し難儀する。なになに、どうやら昔、軍隊さんに使ってもらったことから「旅行の友」になったとな~。またそれは大正時代から作り続けられるロングセラー商品なのだと。

 ちなみに”ふりかけ”は大正時代に開発されたもので、今でも全国区で知られる「丸美屋のふりかけ」(以前は”のりたま”のCMで世間を賑わせていた)「御飯の友」、そしてこの「旅行の友」が当時の3大ふりかけと伝えられているようだ。


 白ご飯にふりかけてみれば、お! あの”のりたま”のような景色。んー、匂いは魚じゃな~。食べてみたら、ポリポリ音がして香ばしく、またバランスの良い風味でクセのない感じだね。魚とノリと玉子の香りが程良くコラボ。まぁ、インパクトは無いのだけれど、これはこれで旨いのである。悪く言えばどこにでもある味わいで、良く言えばみんなに好かれる安心の味。

 湿気対策の施された専用瓶にも入っているし、おみやげに貰っても悪くはないかもね。んーと、何やら復刻版のブリキの缶に入れられた物もあるらしいよ。

p.s.
 味わい的に大手のふりかけに劣る部分があるのだけれど、小魚魚粉(鯖を含む)が入っているのが嬉しい、このふりかけの特徴。最近は青魚に入っているDHAとかEPAとか注目されているしね~。
©名物に旨いものあり 2016
投稿へ

旅行の友(広島)




コメント

「広島といえばふりかけ」、かどうかは定かではないが、三島食品の「ゆかり」、田中食品の「旅行の友」と全国的にも知られているふりかけが多いのは確かだ。広島出身のJタウンネット記者も「ゆかり」「旅行の友」を食べていたが、実家に常備されていたのは「さるかに合戦」だった。

https://news.biglobe.ne.jp/trend/0309/jtn_180309_2869996353.html

(投稿者 匿名 さん / 2018年03月10日)

こだわり続けて一世紀 食卓を彩る名脇役

 田中食品の看板商品ふりかけ「旅行の友」が誕生して今年で100周年を迎えた。軍部からの要請で開発された「旅行の友」だが、その後、一般向け商品として戦前、戦後の100年の長きにわたり愛され続けてきた。その理由は、商品開発の背景となった「戦地で頑張る子どもたちが食べ物に困らないように、少しでも栄養価の高い食品を食べてもらいたい」という親心と同社が創業以来貫いてきた、本物の素材を使い、味付けにも決して妥協をせず、愛情と細心の注意をもって商品を作り続けているという姿勢が、消費者に伝わ・・・

https://news.nissyoku.co.jp/news/special/detail/?id=HAMAOKA20160427055239013&cc=21&ic=050

(投稿者 匿名 さん / 2016年05月12日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。