埼玉の名物、彩果の宝石
芋シュー
彩果の宝石 バラエティ15種類
Home > 埼玉の名物
/ クチコミ
㈱彩果の宝石
埼玉県さいたま市南区南浦和2-39-13

製造者㈱トミゼンフーヅ
埼玉県さいたま市南区辻5-3-27

名称:菓子
商品名:彩果の宝石
原材料:液状デキストリン、グラニュー糖、還元パラチノース、パラチノース、イチゴ果肉、アンズ果肉、ウメ果肉、ピーチ果肉、パイン果肉、リンゴ果肉、オレンジ果肉、グレープフルーツ果肉、レモン果肉、ブドウ果汁、プルーン果汁、ホワイトグレープ果汁、パイン果汁、ピーチ果汁、リンゴ果汁、オレンジ果汁、グレープフルーツ果汁、レモン果汁、イチゴ果汁、アンズ果汁、ラズベリー果肉、ラズベリー果汁、ブドウ果肉、ウメ果汁、果実酒、しそ粉末、ゲル化剤(ペクチン:オレンジ由来)、乳化剤、酸味料、香料、着色料(紅花黄、クチナシ、アカキャベツ)

賞味期限:届いた時点で約5ヵ月半

保存方法:直射日光・高温多湿を避ける

彩果の宝石

(埼玉)

 このようなお菓子を、昔、おみやげで貰って食べたことがある。それがこの「彩果の宝石」であったかどうかは定かではない。いやそれが案外おいしくて、見た目も楽しくて喜んで食べたのを覚えている(子供の頃だったが‥)。

 がしかし、その後はパタリと自分の視界から消え去ってしまった感のあるこのお菓子。んー、思うにそれは、似たようなゼリーやらグミやらが、ちまたに溢れかえったからではないかな~。

 というわけで、わざわざお土産に買う気には、なれなくなったのかも~。まあでも「さいたま観光国際協会」が推奨する「さいたま推奨土産品」ともなっているし、久しぶりに食べてみようかな~。


 そのシンプルな白い箱を開けると、一個一個が半透明の袋に入れられた、あのゼリーが出て来た。その一つの袋の封を切れば、ほう、なかなかのフォルムをしており、またフルーツの香りをプワ~ンと辺りに漂わせた。食べてみたら、それは果肉を含んでそれぞれの香りを放つもの。また、周りはグラニュー糖でくるまれていて、食感はネットリとしたゼリーであるぞ~。

 と、優しい風味のラズベリーをおいしく食べた後に、レモンを食べてみたら、おー、こりゃレモンに間違い無しの酸っぱい風味。次に青梅に挑んだら「う!」っときたもんだ。こりゃ、なかなかおもしろいぞな~。たまらず、次に桃を食べると、うーん、こりゃ桃の香りが良い感じ‥。

 実際のところ、予想外においしくて、また果汁たっぷりで、満足。そして楽しくて‥。これなら埼玉のお土産の筆頭に掲げてもよいのでは~。

 まあ、一つ残念なところをあげれば、バラエティーに富みすぎて、その強烈な味の印象が薄れ、脳裏には薄っすらとしたイメージしか残らないこと。なので、脳裏に焼き付くような「青梅」一色だけとか‥。売れないのかな~、そんなの~。
©名物に旨いものあり 2017