名物に旨いものあり

さけ茶漬 を実食
さけ茶づけ
新潟 加島屋 さけ茶漬
Home > 新潟の名物
/ クチコミ
(株)加島屋
新潟県新潟市中央区東堀前通8番町1367

名称:焼鮭ほぐし
原材料:キングサーモン、食塩、米焼酎、丸大豆醤油、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
塩分:製品100g当たり 約3.4g

原料原産地:カナダ・ロシア・ニュージーランド・米国(キングサーモン)

賞味期限:約3週間
要冷蔵(5℃以下)

さけ茶漬

(新潟)

 みなさま、本当の「さけ茶漬け」を食した経験はござあるか?

 私の「さけ茶漬け」といえば、永谷園の黄色い袋に入ったお茶漬けの素がそれであったのだが、ある日、塩鮭をこんがりと焼いて皮ごとご飯に乗せ、お湯をかけただけで食べる「本当のさけ茶漬け」に出会い、とても感動したのである。あ、そうそう、こんがりと焼いた皮も乗せるのがミソなんだよね~。あとは、鮭の塩加減(しょっぱさ)も大事だけど。

 とある日、新潟に「さけ茶漬」という瓶詰めがあり、ほぐした鮭がたいそう旨いと聞き、買い求めたのじゃ。そのままご飯のオカズでもよいし、お茶漬けにしてもおいしいそうな。ちなみに値段も結構なものさ~。


 その「さけ茶漬」の瓶を開けてみると、中は普通にサケをほぐした風合いで、匂いも普通に焼きサケの匂い。「さけ茶漬」と堂々と書いてあるので、その作り方なども書いてあるのかと思えばそうでもなく、何も書いていないのだった。まあ普通にやればよいのだろうと、ご飯に乗せお湯を注いでみると、高価なせいか乗せたサケの量の貧弱なこと~。自分のせいだけど‥。

 で、思い切って更にほどほどの量を乗せて食べてみると、うん? これはかなり薄味のさけ茶漬けであるな~。なにしろ塩味が薄く、これではどうにもイケない、なサケない。と、そこへ梅干を入れて塩分を増やすと、やっと落ち着く所に落ち着いた。

 その翌日、今度はあったかいご飯に、ただ乗せるだけで食べてみると、うん、こりゃ普通に旨い。これは時代と共に塩分控えめになり、さけ茶漬の名前だけが残った、そんな商品なのじゃないかな~。いやまあ、自分で塩分調整できる分、これはこれで良くなったのかも~。でも、塩分少なくすると、日持ちしなくなるのが難点だけどね~。

p.s.
 後日、スーパーを歩いていたら、これに似た鮭フレークやら、鮭ほぐしやら、が売られているのを発見。手にとってみると、うーん、どうやらモノが違うというか、スーパーのはかなり乾燥して色も変わり、硬くなっている感じ。やはり加島屋のは違うのかねぇ。
©名物に旨いものあり 2010-17rw