鹿児島の名物、桜島大根
桜島大根
桜島大根 10Kg
Home > 鹿児島の名物
/ クチコミ
JAグリーン鹿児島桜島支店経済課 桜島町大根部会
鹿児島県鹿児島市小川町27-17

出荷時期:12月下旬~2月

桜島大根

(鹿児島)

 鹿児島の名物といえば桜島。桜島といえば桜島大根(‥火山灰などと言わないで!)。しかーし、こんなに全国的に有名なのだが、実際のところ、食べたことが無い。いや、見たことも無いのである。

 桜島大根は普通は10~20Kgぐらい、大きなもので40Kgにもなるそうだ。そんな大きな大根、想像するだけでも大変なのである。というわけで、想像に疲れ。マウスでカチッと注文へ。


 ある日、家に帰ると、玄関に重い大きな縦長の箱が置かれていた。あまりに大きく重いので、家人がそのままにしておいたのだ。たぶん運送屋さんも驚いたに違いない。なんじゃこりゃと思いつつ箱を開けてみると、大きな白いカブみたいな桜島大根が、窮屈そうに座っていた。丈夫な葉や茎も付いているので、縦長の箱に入れてあったのである。

 桜島大根の白い玉は、大きさがバスケットボールをひと回り大きくしたくらいで、茎の一本はエンピツ程の太さだ。箱を開けただけでも家中が大騒ぎなのだが、無農薬なのか、葉っぱに小さな青虫が沢山住んでいたもので、更に大騒ぎでゴワした。

 一回の料理に使うのは、ほんの少しなので、どこをどう切ったらよいのか、迷ってしまうのである。これじゃ冷蔵庫にも入らない、今、冬でよかった。少し切って生で食べてみると、うーん、普通のダイコンの味かなー。今日から毎日、大根料理になること、間違いなーし。

 ‥その後、毎日食べているが、まぁ味は、普通の大根である。大根は毎日食べても旨いけど、毎日少しずつ、大きな桜島大根のほんの一部を切り取りながら食べていく様は、まるでネズミになった気分なんだよね。

メモ)
 ちなみに、大根は日が当たると蓄えられたデンプンが葉っぱに移ってしまうので、夜のうちに収穫してしまうのだとか。一般の農家は分からないが、大規模な大根農場ではそうしているようである。
©名物に旨いものあり 2006-13