名物に旨いものあり

皿うどん を実食
長崎皿うどん
長崎皿うどん
Home > 長崎の名物
/ クチコミ
(株)狩野食品
長崎県南島原市西有家町須川3203-9

名称:冷凍皿うどん
原材料名
めん:小麦粉、植物油脂、食塩、かんすい、クチナシ色素
具材:キャベツ、もやし、にんじん、豚肉、きくらげ、むきえび、イカ、しいたけ、きぬさや、かまぼこ、てんぷら、植物油脂、着色料(紅麹)
スープ:コーンスターチ、ブドウ糖、砂糖、食塩、でん粉、しょう油、香辛料、チキンパウダー、 酵母エキス、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(グァーガム)、酸味料、カラメル色素(原材料の一部に小麦、大豆、牛肉、豚肉、鶏肉、魚介類、ゼラチンを含む)

長崎皿うどん


 長崎皿うどんは、よく見聞きするのであるが、なかなか食べる機会がない。というか(自分には)あまり食べたいと思うような外観には見えなかったのである。あのパリパリ麺とあんかけ、これって料理なのかなーと思ってしまう。しかも、うどんという名前だから”おやつ”でもない、しかるにこれは食事なのだろう。これを食べたら(デザート意外)他に何も食べてはいけないのである。(いけないことはないけど、我が家ではそうだ。)


 なんじゃこれは、ウドンなのか~。ベビースターラーメンのような、チキンラーメンのような。(たぶん誰もがするように)うどんの硬い所だけを食べてみると‥、うん? こりゃ香ばしくて旨いじゃないか~。なんというか(変な表現だが)ホットケーキのように香ばしい。これだけ食べても、悪くは無い感じである。

 上にのっているのは長崎チャンポンのようなあんかけ(というか長崎チャンポンであろう)で、その下の麺は(あんかけのせいで)シットリしなやかになっている。これなら麺といってもおかしくはない。この料理は、旨いもマズイも、あんかけ次第なのであろう。

 自宅で作ったにしては、まあまあイケる一品であったが、有名店の長崎皿うどんなら、もっと旨いんだろうね。

メモ)
 長崎では、よく皿うどんを出前で取る習慣があり、酸味の強いウスターソース(金蝶ソース)をかけて食べるのが定番なんだそうな。味のしみた2日めが旨いとも‥。
©名物に旨いものあり 2006-14
投稿へ

長崎皿うどん(長崎)




コメント

食品ロス、減らすには?

 市内には皿うどんを出前してくれる店がたくさんあって、栄養ドリンクの瓶に入ったウスターソースと一緒に届けてくれました。長崎では皿うどんは宴席にも頻繁に出てきます。食べきれずに残った皿うどんは、お持ち帰り用に包んでくれたものです。翌朝これをフライパンで炒めると、野菜のうまみをたっぷり吸った麺がしんなりとして、また違ったおいしさになるのです。しかし、いつの頃からか食べ残した皿うどんを家に持ち帰ろうとしても断られることが多くなりました。

http://www.jacom.or.jp/column/2016/03/160301-29272.php

(投稿者 匿名 さん / 2016年03月02日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。