長崎の名物、皿うどん
長崎皿うどん
長崎皿うどん
Home > 長崎の名物
(株)狩野食品
長崎県南島原市西有家町須川3203-9

名称:冷凍皿うどん
原材料名:
めん:小麦粉、植物油脂、食塩、かんすい、クチナシ色素
具材:キャベツ、もやし、にんじん、豚肉、きくらげ、むきえび、イカ、しいたけ、きぬさや、かまぼこ、てんぷら、植物油脂、着色料(紅麹)
スープ:コーンスターチ、ブドウ糖、砂糖、食塩、でん粉、しょう油、香辛料、チキンパウダー、 酵母エキス、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(グァーガム)、酸味料、カラメル色素(原材料の一部に小麦、大豆、牛肉、豚肉、鶏肉、魚介類、ゼラチンを含む)
長崎皿うどん

 長崎皿うどんは、よく見聞きするのであるが、なかなか食べる機会がない。というか、(自分には)あまり食べたいと思うような外観には見えなかったのである。あのパリパリ麺とあんかけ、これって料理なのかなーと思ってしまう。しかも、うどんという名前だから’おやつ’でもない、しかるにこれは食事なのだろう。これを食べたら、(デザート意外)他に何も食べてはいけないのである。(いけないことはないけど、我が家ではそうだ。)


 なんじゃこれは、ウドンなのか~。ベビースターラーメンのような、チキンラーメンのような。(たぶん誰もがするように)うどんの硬い所だけを食べてみると‥、うん?、こりゃ香ばしくて旨いじゃないか~。なんというか(変な表現だが)ホットケーキのように香ばしい。これだけ食べても、悪くは無い感じである。

 上にのっているのは長崎チャンポンのようなあんかけ(というか長崎チャンポンであろう)で、その下の麺は(あんかけのせいで)シットリしなやかになっている。これなら麺といってもおかしくはない。この料理は、旨いもマズイも、あんかけ次第なのであろう。

 自宅で作ったにしては、まあまあイケる一品であったが、有名店の長崎皿うどんなら、もっと旨いんだろうね。

メモ)
 長崎では、よく皿うどんを出前で取る習慣があり、酸味の強いウスターソース(金蝶ソース)をかけて食べるのが定番なんだそうな。味のしみた2日めが旨いとも‥。
©名物に旨いものあり 2006-14