新潟の名物、笹だんご
笹団子
笹だんご
Home > 新潟の名物
/ クチコミ
新潟県周辺地域

原材料:うるち粉、もち粉、あん、砂糖、ヨモギ、笹の葉

隣県の福島でもよく見かけるぞ。

笹だんご

(新潟)

 なんじゃこれは。笹だんごの表示がなければ、なんじゃこりゃ。いやこれは、かなり手の込んだ餅であるね。餅(しかも草餅)を笹の葉で包んで、尚且つ、つる(スゲまたはイグサ)で縛ってあり、それをまた一塊につなげてあるのじゃよ。うーん、よくぞ、そこまでやってくれたものだ。でも中が見えないもので、旨そうなのか、そうでないのか、開けてみるまで分からない。買おうか買うまいかと葛藤しつつ、ダンゴという名前だけで買ってしまったのさ~。

 ちなみに、この餅は笹の葉でくるんだまま蒸すと、おいしくなるのだそうな。また、作った翌日の方が餅が程よい固さになって、旨いらしいぞよ。


 笹の葉をはぐと、中から笹と同じ色のヨモギ餅が、ピーナッツ型につながったまま2個一緒に出てきた。食べてみると、ヨモギ餅の中には粒の小豆あんが入っていて、笹とヨモギの香りと小豆あんとの三重奏で、より野性的な味わいを醸し出している。ヨモギの餅を草餅ともいうが、まさにそんな味わいなのだ。んー、旨い。

 これは大手のお菓子屋さんでは真似のできない、素朴な田舎の味わい、名物そのものなのじゃ。一度好きになると、とことん好きになる、そんな逸品だと思うね。やはり笹で包んであることが、この団子の命だね~。

メモ)
 新潟県人がテレビで、笹団子の食べ方を紹介していたを見たら「笹包みの両側のヒモのうち、片方だけを外し、あとはババナをむくように食べる」のだと。
©名物に旨いものあり 2004-17rw